私の足はおかしいの――? 「靴の痛み」に苦しみ続けた東京アラサー女性、やっと見つけた解決策とは

2021年8月29日

ライフ
ULM編集部

身体にまつわる悩みやコンプレックスは人それぞれ。当の本人でないと分からないことが多分にあります。今回、東京に住むアラサーの会社員女性が、自身の体験談を話してくれました。


どうしても自分に合う靴が見つからない

 足の甲部分にストラップの付いたタイプだと脱げにくいと聞き、試してみたこともありました。しかしそれでも「脱げてしまう」状況は改善されませんでした。

 ヒールがあるタイプがダメなのかとフラットパンプスに変えてみたこともありましたが、くるぶしがスポッと抜けてしまい、歩きにくさは変わりません。

 また靴が脱げてしまうのではないか――。足元に意識を向けてかばうようにして歩くため、足取りもおぼつかず、移動に時間が掛かってしまう。あこがれだったはずのパンプスがいつしか履くのをためらう対象に変わり、彼女は憂うつを抱えるまでになっていきました。

「そんなに脱げてしまうなら、もうワンサイズ小さな靴を買えば済むんじゃない? と思われるかもしれませんが、それでもやっぱり解決はしなかったんです」とA美さん。

 彼女の足のサイズは24.5cm。女性の平均的なサイズと比べると、たしかに決して小さい方ではなさそうです。

 そのため靴を購入するときは、S・M・Lなら仕方なくいつもLサイズ。さらに、親指よりも人差し指のほうが長い、いわゆる「ギリシャ型」の典型ともいえる形状をしているため、つま先が少しとがった靴でないと人差し指の先端がきつくて長時間履けなくなってしまう。

 サイズだけでなくデザインも、「これ」と思えるものに出合うのは至難の業でした。

「手頃な価格のパンプスを何足も買って、結局履けずに捨ててしまったことも何度もありました。思いきって、百貨店に入っている靴屋さんで足のサイズを計測してもらって、ちょっと高いパンプスを買ってみたこともあります」

 それでも、自分に合う靴がどうしても見つからない。

「社会人になって以降、買っては捨ててを15足以上は繰り返してきたと思います」

 おしゃれは足元から――。ファッション誌や店頭の広告ポスターに書かれているそんなキャッチコピーも、自分には無縁の世界だとずっと思っていました。

専門店で告げられた思わぬ診断結果


【アンケート】今どき10代女性の悩み・コンプレックスとは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210828_foot_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_foot_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_foot_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_foot_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_foot_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_foot_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画