見た目だけでもエネルギッシュ! 「赤色メニュー」が食べられる都内店舗5選

外出先で何か食べるとき、メニューそのものではなく、メニューの「色」で選んでみませんか? 今回は赤色やピンク色を取り入れたメニューが食べられるお店を五つご紹介します。


3.自家焙煎珈琲 凡(新宿区新宿)

 続いては、JR新宿駅の東口からすぐの「自家焙煎珈琲(ばいせんコーヒー) 凡」(新宿区新宿)をご紹介します。

随所にこだわりが感じられる「大人のショートケーキ」(画像:わしわし)

 こじんまりとした入り口から地下へ降りると、そこにはコーヒーの香りに包まれたすてきな空間が。店内に入ると、カウンターに並んだコーヒーカップの数々に目を奪われることでしょう。

 このお店を訪れたらぜひ注文してもらいたいのが「大人のショートケーキ」。本当においしい苺が手に入ったときにだけ作るというこだわりのケーキは、濃厚ながら飽きの来ない味で、調和の取れたおいしさにきっと感動してしまうでしょう。

 そのサイズ感とお値段に少しびっくりしてしまうかもしれませんが、大人だけが味わえるぜいたくなケーキです。

4.珈琲道場 侍(江東区亀戸)

 次にご紹介するのは、JR亀戸駅東口の目の前にある「珈琲道場 侍」(江東区亀戸)です。その名の通り、店内には甲冑(かっちゅう)や刀など侍にまつわるものがたくさん飾られています。

桜の花びら型のスプーンもかわいい「さくらアイス」(画像:わしわし)

 このお店でおすすめしたいピンク色のメニューは、5月~10月の期間限定で食べられるさくらアイス。淡いピンク色のアイスは見た目にもかわいらしく、写真映えすること間違いなしです。またてっぺんに乗った塩漬けの桜の花びらも良いアクセントになっています。

 さらにこのお店最大の特徴は、カウンター席が全てロッキングチェアであるということ。ゆらゆらと揺られながらさくらアイスを味わえば、格別なひと時を過ごすことができるでしょう。

5.くぐつ草(武蔵野市吉祥寺本町)

 最後にご紹介するのは、吉祥寺にある「くぐつ草」(武蔵野市吉祥寺本町)。駅前の騒がしさから逃れて地下へと降りると、石の壁に囲まれた洞窟のような空間が広がっています。

洞窟のような空間で食べる「桜のブランマンジェ」(画像:わしわし)

 違う世界に迷い込んでしまった錯覚になる店内でいただけるのは、春限定の桜のブランマンジェ。桜の葉で香りづけされたミルクプリンは滑らかな食感が魅力的で、一口食べれば春を満喫することができるでしょう。桜の花びらをかたどった器もとてもかわいらしいため、目で見て舌で味わって楽しめる一品です。

色に注目して食事をしよう


【事前にチェック】今回登場する「お店一覧」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画