バブル時代のパワー全開! 映画『彼女が水着にきがえたら』の明るさをコロナ禍の今こそ学ぶべきだ

コロナ禍で鬱屈した現在の東京。そんなときこそ、人々が明るかった時代の作品を見ませんか? 今回紹介するのは『彼女が水着にきがえたら』。20世紀研究家の星野正子さんが解説します。


ホイチョイのルーツは武蔵野市

 馬場と松田は成蹊学園(武蔵野市吉祥寺北町)の小学校時代からの遊び仲間で、『見栄講座 ―ミーハーのための戦略と展開―』(小学館、1983年)や『極楽スキー』(小学館、1987年)などの著作で文化史に名を刻んでいます。

武蔵野市吉祥寺北町にある成蹊学園(画像:(C)Google)




 彼らの本分は映画で、高校生の頃には8mm映画を撮り始め、大学に入ってからはメンバーのひとりが「オヤジをだまくらかして」購入したという16mmで自主映画を制作しています。このときに完成した『イパネマの娘』は『彼女が水着にきがえたら』を中心に、三部作の原型となりました。

 JR東日本で『私をスキーに連れてって』が注目される一方、『彼女が水着にきがえたら』は作品発表後に言及されることが少ないものの、『私をスキーに連れてって』がスキーを一大ブームにしたのと同じく、『彼女が水着にきがえたら』はマリンスポーツをメジャーにしました。

公開後、わずか1か月でダイビング人気に

 物語の舞台は湘南。アパレルメーカーに勤めるOLの田中真理子(原田知世)が同僚の石井恭世(伊藤かずえ)に誘われて、参加した相模湾のクルーザーパーティー……そこでスキューバダイビング中にはぐれてしまった真理子が、吉岡文男(織田裕二)の乗るヨットに救助されたのが物語の始まりです。

 ここから物語は宝探しへと展開し、水上バイク(ちなみにジェットスキーはカワサキの登録商標です)や潜水艇などのギミックを交えて物語が進みます。

 テーマ曲はサザンオールスターズの『さよならベイビー』ですが、ほかにも『C調言葉にご用心』『鎌倉物語』などヒットナンバーが次々と流れ、見ている人を湘南へ、マリンスポーツへと誘います。なお舞台は湘南ですが、水中シーンは沖縄の慶良間諸島でロケを行っています。

スキューバダイビングのイメージ(画像:写真AC)

 この映画の反響はすさまじく、1989年6月の封切りから1か月後には早くもスキューバダイビングにチャレンジする女性が急増しています。

『読売新聞』1989年7月14日付朝刊に掲載された「女性ダイバー急増 水に身を任せる浮遊感覚の楽しさ 基礎訓練から海洋実習へ」では

「一か月前に封切られた映画「彼女が水着にきがえたら」が引き金になって、女性のダイバー志願者が急増している」

とその影響について言及しています。

マリンスポーツのその後


【画像】今やレア? 『彼女が水着にきがえたら』の文庫本

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210825_kanojo_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画