宇宙船の中みたい……幻想的な“クラゲ水族館”にSNSうっとり「すごく癒やされます」

あっと驚く衝撃の場面、感心させられる発見や豆知識、思わず涙を誘う感動の出来事……。SNS上では毎日、新鮮な話題がいくつも発信されています。そのなかから「東京」に関連するものを厳選してご紹介します。


水族館に魅せられて 全国各地で撮影

 東京在住の会社員。仕事のかたわら多いときには週に4回、新型コロナ禍の2021年8月現在は週1回程度、全国へと足を運んで生き物たちのみずみずしい表情や水面の美しい波紋、水中の躍動を撮り続けています。

 あきさんが水族館の撮影を始めたのは2017年のこと。

「もともと水族館で生き物を見たり、ぼーっと大きな水槽を眺めたりするのが好きで、その大好きな空間をきれいに撮りたいと思ったのがきっかけでした」

 仕事などで疲れがたまったときには、自然と水族館へ足が向かうといいます。

 今回、クラゲがいる空間を投稿テーマにした理由は、

「クラゲには癒やしの効果があると言われているので、それぞれの水族館のすてきな空間演出とともに見ていただき、コロナ禍で水族館へ行けない人もSNSを通して癒やされてもらえたら」

と思ったから。

水族館で一番好きな生き物は?

 クラゲ、マンタ、イワシの魚群、シャチなど、数々の生き物を捉えてきた あきさん。水族館で一番好きな生き物は何でしょうか?

「イルカが好きです。子どもの頃、水族館にハマったきっかけが、優雅に泳ぐ大きなジンベイザメやイルカの存在で、それから自分より大きな水中の生き物が好きになりました」

「多くの水族館で見られるカマイルカやバンドウイルカの、気持ちよさそうに泳ぐ姿がとても好きですね」

 撮りためてきた作品は、これまでに複数の写真雑誌に掲載されたほか、水族館での撮影方法をレクチャーする企画の講師を務めることもあるのだとか。

 最近では写真家、岡田裕介さんとの対談記事がウェブメディアで配信されるなど、着実に活動の場を広げていっています。

コロナが収束したら、ぜひ水族館へ


【画像】幻想的なクラゲ どこの水族館?(4枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210821_aqua_03-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_aqua_04-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_aqua_05-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_aqua_01-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_aqua_02-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画