昭和のプール必須アイテム 「洗眼器」「腰洗い槽」が知らぬ間に姿を消したワケ

昭和・平成初期には必ずあったプールの洗眼器と腰洗い槽ですが、今ではその数を急激に減らしています。いったいなぜでしょうか。エデュケーショナルライターの日野京子さんが解説します。


洗眼は数秒にとどめることが大切

 洗眼器が使われなくなったのは、目の健康への認識が変わったためです。近年、水道水で長く目を洗うと目の粘膜を保護する成分が洗い流され、角膜を傷つける恐れがあるという考えが浸透しました。

プール(画像:写真AC)

 日本眼科医会の学校保健部が2016年に発表した「眼科学校保健 資料集」の「プール後の洗眼とゴーグル使用についての見解」には、洗眼は数秒にとどめることが望ましいと記載されています。

 話はそれますが、洗眼器自体は無くなったわけではありません。化学製品を扱う工場などで異物が目に混入した際の応急処置として、設置が義務付けられています。

腰洗い槽は必須ではない

 そして、洗眼器同様に忘れられないのが「腰洗い槽」です。こちらも洗眼器と同様、現在の学校プールで必須ではなくなりました。

 腰洗い槽とは、プールに入る前に漬かった塩素臭の漂うお風呂のような設備です。記憶に残るくらい強烈な臭いを覚えている人も多いでしょう。

 現在は水を循環ろ過する装置が整備されているプールが多いですが、かつては水質管理が難しかったため、別名「プール熱」と言われる夏風邪やさまざまな菌の感染予防対策として、腰洗い槽は設置されていました。塩素濃度は国により指定されていました。

プールのビート板置き場(画像:写真AC)

 水質基準について、学校のプールは文部科学省、学校外のプールは厚生労働省が定めており、文部科学省も腰洗い槽の使用に関して方針を変更しています。また、厚生労働省が2001(平成13)年に発表した「遊泳用プールの衛生基準に関する指針の一部改正」で、腰洗い層の項目も削除されました。

 現在はろ過装置を完備する学校のプールは95%を超え(文部科学省平成30年度「学校環境衛生管理マニュアル」より)、腰洗い槽を積極的に使用する理由、義務付ける理由がなくなりました。

 ただ、ろ過装置設備のないプールについては衛生面から腰洗い槽の使用を望むとしており、こちらも完全に姿を消したわけではありません。

昔の常識は通用しない


【資料】水泳プールの「衛生基準」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_pool_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画