京王プラザホテルが「カップヌードル」をアレンジ? 斬新すぎるメニューにツイッター民1万人が爆笑「声出して笑った」

日本初の超高層ホテルであり、西新宿エリア再開発の草分け的存在の「京王プラザホテル」。開業50周年を迎えた2021年夏、思いもよらぬ記念企画を展開してツイッターをザワつかせています。同じく50周年を迎えた「カップヌードル」(日清食品)とのコラボメニュー。担当者に狙いを聞きました。


一番食べてみたいメニューは?

 じんじん さんは、メニューのページを発見したときの第一印象について、

「ホテルのコラボ企画としては珍しく、これはびっくりと思いました。また、単品の料理ではなく複数のレストランなどで横展開していること、メニューも多岐にわたっていることが、よくある単純なコラボレーションとは違うと感じました」

と驚きをもって語ります。

 特に食べてみたいメニューを尋ねたところ、

「どれも食べてみたいですが『2度揚げヌードル旨辛豚骨風味 海鮮土鍋仕立て』が一番食べたいです。これは一番自宅で再現できなさそうと感じるので」。

カップヌードルを使ったカクテル? 驚きのツイートに1.1万件の いいね が(画像:京王プラザホテル)




 カップヌードルには子どもの頃から親しんでいたという じんじん さん。好きな味は、子どもの頃はカレーで、大人になった今はシーフード。また、京王プラザホテルも仕事などで利用したことがあるといい、

「今は新型コロナ禍で行かれないのですが、打ち合わせで(館内レストランの)『樹林』にはよくうかがいました。昔勤めた会社のOB会のパーティーもこちらでしたし、友人の結婚披露宴でも行きました。いいホテルですよね」。

 なじみの深い両者のコラボなだけに、“感慨”もひとしおだったようです。

ホテル担当者に聞く、企画の狙い

 果たして今回の企画の狙いは? そして利用客の反応は? 京王プラザホテルの広報担当に話を聞きました。

 まず、同企画を発案した経緯について。

「このたび京王プラザホテルが50周年を迎え、1971年の開業当時から“多くの人が集まる広場(プラザ)”を目指してきた当社だからこそできること、そして新宿の地から多くの人がワクワクするような楽しみを届けたいとの思いから、全社一丸となって新たな挑戦として取り組みました」

 発案のキーワードとなったのは、「50周年」「新宿」「楽しさ」。

 偶然にも、同じく新宿に本社を構える日清食品の看板メニューのひとつカップヌードルも、発売から2021年で50周年を迎えることから「ともに新たな試みをしましょう」と今回のコラボレーションが実現したのだといいます。

異色のコラボ、実現の苦労は?


【画像ギャラリー】京王プラザホテルの「斬新すぎるメニュー」(全11枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210821_50th_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_50th_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_50th_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_50th_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_50th_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_50th_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_50th_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_50th_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_50th_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_50th_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210821_50th_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画