脱「量産型」を目指すなら、古着選びが最も合理的なワケ

SNSの影響で古着ニーズが高まっています。その背景にあるのはファッションへの「個性尊重」でした。


古着のおすすめスポット

 さて、古着好きの人は一体どこで古着を買っているのでしょうか? 人気は

・下北沢
・高円寺
・原宿

などです。

古着のイメージ(画像:Pixabay)




 まずは下北沢から紹介します。下北沢はブランド物の洋服を比較的安く買えるお店が多く、お店のインスタグラムはおしゃれな写真ばかりなので、インスタグラムを見てからお店に行くのもいいでしょう。

 なかには不要な服を買い取ってくれたり、査定額の60%相当の店内商品と交換ができたりするお店もあります。ヴィンテージからブランド古着まで取りそろえられ、品ぞろえ豊富なお店が多いです。

 高円寺は服飾に限らず、東京で活動するさまざまなアーティストが集う店がたくさんあります。古着からリメーク・セレクト品、たくさんのアクセサリーまでを取り扱うお店があるので、小物も探している人にもおすすめです。

 また、値段が安く設定されているのも魅力。個性的なアイテムを見つけたい人はぜひ行ってみましょう。

 最後は原宿です。特徴は幅広いジャンルがラインアップされ、かつオリジナル商品や小物類が充実しているところです。価格帯の幅はありますが、なかにはとても安い古着もあります。また、海外から取り寄せた古着を取りそろえているお店もあります。

 脱「量産型」を目指すなら、「一点もの」が多く、価格が安くて、トレンドに縛られすぎない古着が最も合理的な選択なのです。


【1万人調査】若者ほど古着を「SDGsアクション」に取り入れることが判明!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210820_used_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210820_used_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210820_used_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210820_used_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210820_used_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210820_used_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210820_used_02-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画