便利だけど……過信は禁物!「電動アシスト自転車」 都内の急坂を走ってみたら【連載】シェアサイクルだよ人生は(3)

都心部を中心に注目を集め始めている新たな交通手段、シェアサイクル。その魅力をもっと多くの人に広めたいと意気込むシェアサイクル愛好家の石坪マナミさんが、東京の街をシェアサイクルで華麗に駆け抜け、現状や課題、そして将来展望についてリポートします。


サービス対象の自転車は電動アシスト付き

 たまに利用するときだけでなく、毎日最寄りの駅からちょっと離れた会社や学校までアクセスすると考えても、料金はかなりお得。

 ドコモ・バイクシェアでは通勤・通学向けに月額会員の料金体系を設定していますが1か月2200円で 何度利用しても最初の30分は無料になります。月額会員で利用しても1年で2万6400円です。

 そして、利用できる自転車については、どちらのサービスも電動アシスト付きのものを使用しています。

シェア自転車は、電動アシスト付きのものが利用できる(画像:写真AC)

「3密」を避けることや健康を考えて自転車での通勤・通学を考えたとしましょう。両社のサービスで提供している水準の電動アシスト付き自転車を購入するのは、ちょっとした冒険です。

 近年は値段も安くなっているとはいえ、10万円程度はします。そんな値段のものですから、個人で所有する場合に保管する際も気を遣います。

 自宅や勤務先に屋根のついた自転車置き場があればよいのですが、そうでなければ購入をためらってしまいます。また、出かけた先で路上にちょっと止めておくというわけにもいかないでしょう。

 ですので、サイクルポートが増えている現在、シェアサイクルはいきたいところまで片道だけ乗っていける便利な交通手段として価値を高めているといえます。

 このように鉄道やバスとは違った形でいきたいところを移動できるシェアサイクルですが、まだ発展途上ゆえのデメリットもあります。

さらなる普及、課題は車両整備やポート確保


【画像】東京都内にある「シェア自転車」の拠点

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210810_share_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210810_share_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210810_share_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210810_share_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210810_share_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210810_share_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210810_share_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画