五輪中なのに外出自粛……在宅ばかりの30代男性が、夜な夜な「ベランダ」でしているコトとは

東京で暮らし、働く男性たちは、日々何を見て何を思いながら過ごしているのでしょう。イラストレーターでライターのズズズ(zzz)さんが、自身の「何でもない今日」をイラストともに切り取ります。今回のテーマは「夜のベランダ」。


ベランダで非日常を感じるワケ

 照明や椅子を置いても風で乱れたままにしてしまったり、砂ぼこりをかぶって過去の遺跡のようになってしまったりと悲惨な光景が想像できます。実際、以前キャンプ用のチェアを置いていたときも雨風でボロボロになって使い物にならなくなってしまいました。

 また、ベランダは災害時の緊急脱出の用途もあり、共用部という括(くく)りになることもあるので使い方にはそれぞれの物件の条件を確認した方が良さそうです。

 収納ボックスに腰掛け、用意したアイスコーヒーをひと口。そして少しの間、ぼーっとする何だか少しぜいたくな時間。自分の部屋とは壁1枚を隔てているだけなのにちょっとした非日常を感じます。

 遠くの方で救急車の高いサイレンの音が響いて、次第に低くなって消えていく。足元の道路を自転車で駆け抜けていく学生たちの笑い声が聞こえる。

 もしもコロナが無かったらこの辺りの住宅街でもオリンピック開会中はもう少しにぎやかだったのかもしれませんが、今は不思議なほどシンとしています。ただそれが、逆に居心地よかったりもするのですが。

 腕に違和感を覚えると蚊が血を吸っていました。虫よけスプレーをするのを忘れていて、すぐに全身に噴射します。

 自然の音を堪能した後はイヤホンをして音楽を聴きます。

 月がきれいな夜はドビュッシーの「月の光」を聴くとかなり癒やされます。歌詞のある曲だとEVISBEATSの「いい時間」や星野源の「ばらばら」など、なるべく楽器は控えめで歌詞と外界の音が混ざり合って聞こえるような曲を選ぶと、空間が遮断されずに中和されます。

音楽視聴以外におすすめなこと


【チェック】おうち時間に飽き飽きした人たちが、密かに行っているコトとは

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210731_veranda_02-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画