数は100店以上! 銀座周辺に「画廊」「ギャラリー」がやたらと多い理由

中央区の京橋から銀座周辺に美術関連のお店が集まっている場所があります。いったいなぜここに? フリーライターの小西マリアさんが解説します。


変化する画廊の役割

 かつてのデパートのギャラリースペースは、のぞいてみるには気後れするような雰囲気でした。なにしろ、置いてある美術品は100~200万円が当たり前で、見るからにお金持ちそうな客と係員が専門的な会話をしていたからです。

 しかし、最近はそんな雰囲気も様変わりしています。従来のような高価な美術品の展示もある一方、数万円で買えるような若手作家の作品も展示販売しています。その背景には、現代アートや新進の作家の作品を扱うことで、購買層の間口を広げようとしていることが挙げられます。

 このような販売方法の変化は、画廊自体にも変化を及ぼしているようです。以前から若手の作家を発掘し、作品の価格を上げるプロデュース業務に傾注する画廊は存在していましたが、それがより重要な仕事になっています。

銀座松屋(画像:写真AC)

 今は多くの商品がインターネット上で流通しているため、現物を見なくともやりとりできるようになっています。それでも美術品に限っては、現物を確認しなくてはならないため、ネットで完結したり、テレワークに切り替えたりはできません。

 中央区に美術品を扱う店が集中する状況は、当面続きそうです。


【地図】中央区「骨董通り」の場所

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_art_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画