お寿司やお弁当のなかに「緑の葉っぱ」みたいのが入っている理由

テイクアウトのすしを買ってくると、必ず中に入っている葉っぱのようなプラスチックフィルム。あれは一体何なのでしょうか。フリーライターの大居候さんが解説します。


美しく見せることの大切さ

 美しく見せることの大切さが最もわかりやすく解説されているのは、漫画家・たがわ靖之さんの『鉄火の巻平』です。

漫画『鉄火の巻平』(画像:芳文社)

 この作品でもさまざまな対決が描かれています。そうしたなかで、

・すしの盛り込み技術
・時代によるすしの形状の変化

など、うんちく重視の勝負が続出する点で、本作は非常に価値のある作品です。

 さて、最近はプラスチック製のものも多いバランですが、今でもハランやクマザサを自前で育てて使っているすし屋も多くあります。もしそういう店に出会ったときには、ぜひ目で楽しんでください。


【調査結果】コロナ禍で上昇したすしネタは「カニ」「大トロ」だった!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210724_baran_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_baran_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_baran_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_baran_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_baran_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_baran_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画