注目高まる子供向け「ロボットプログラミング教室」、東京メトロが沿線中心に追加開校

2019年2月16日

知る!TOKYO
ULM編集部

2020年度から小学生にプログラミング教育が必修化される見込みとなるなか、子供の習い事として「プログラミング教室」の注目が高まっています。東京メトロでは昨年、新規事業としてロボットプログラミングの教室を3校開校。2019年4月よりさらに6校開校します。現在、その無料体験会や既存校の新年度入塾生を募集中です。


ロボットプログラミング教育で期待される効果とは?

 ロボットプログラミングは、まずは動かすためのロボットを自身で組み立て、ビジュアルブロックをつなぎ合わせてプログラミングを実行。自身が思い描いた動きをするまで修正と実行を繰り返します。

レゴのロボット組み立て(画像:東京メトロ)

 北山さんは当教育に携わるなかで、「プログラミング的思考とともに、身の回りのものや事柄がどういう仕組みでできているかについての好奇心や探究心、組み立てるための空間把握能力に成長が見られるお子様が多いと感じています」と言います。

 2018年4月に開校した葛西校で親御さんたちにアンケートをとったところ、プログラボに通うようになって、「他の習い事をする上でも、論理的思考を活用するようになった」「学校で作ってくるものの形や仕組みが変わってきた」「先々を感覚でなく、数値で論理立てて考えるようになった」との回答が見られたそうです。

 プログラミング教室によっては、高額な教材を予め購入する必要がありますが、同社のプログラボは教材購入や入会金など初期費用は不要。月謝のみとなっています。幼稚園の年長~小学2年生を対象としたビギナーコースは、1回50分の授業を月3回で9000円(税抜、以下同)、小学3年生~中学生を対象としたスタンダードコースⅡは、1回90分の授業が月3回で11000円です。

 講師の他に「サポーター」を子供4~5人につき1人付くようにし、それぞれの子供の理解度を見て指導援助をしているのもプログラボの特徴のひとつです。「答えは教えずに、あくまで自分で解決するための支援という観点からサポートをしています」と話します。

プログラボでは、講師の他にサポーターも指導を援助(画像:東京メトロ)

 授業は各コース1年間のカリキュラムです。コース終了後、次のステップへ進みます。新規開設の6校は本年4月スタートで、2月上旬より実際の授業に近い形での無料体験会を実施しています(津田沼校は3月上旬から)。入塾者の9割以上が、体験会の参加者とのことです。

 既存校の葛西校・目黒校・綾瀬校では、東京メトロの沿線外から通っている塾生もいるそうです。現在、2019年度の新年度入塾生を募集しています。

 北山さんは今後について、「入塾者数を増やすだけでなく、地域の小学校などに出張授業に行ったり、官公庁や自治体と連携することで、ロボットプログラミングの素晴らしさや知名度をあげる活動も行っていければと思っています」と抱負を語ります。

 2020年度の必修化に向けて注目度がますます高まっていくと思われるプログラミング教室。プログラボの無料体験会の参加はHPから申し込みを受け付けています。

 
●プログラボ事務局
問い合わせ:電話0570-200-710 
受付時間:9:30~17:30(土・日・祝日を除く)

※各校の無料体験会開催日程および無料体験会の申し込みは下記プログラボHPより
https://secure.proglab.education/experience/input.php


この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/02/190204_proglabo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190204_proglabo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190204_proglabo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190204_proglabo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190204_proglabo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190204_proglabo_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画