繁忙か閑散か――東京五輪の拠点「晴海選手村」周辺を歩く

7月23日(金)の東京五輪開幕まで1か月を切りました。拠点のひとつであり、選手村のある晴海周辺は現在どのような状況なのでしょうか。フリーライターの山本肇さんが歩きました。


会場近くの人に声をかけてみたものの……

 勝どきはマンションが立ち並んでいるせいか、勝どき橋を渡る通勤・通学の人の姿が多く見られます。また、築地場外と豊洲市場を移動しているのか、自転車に乗った市場帰りのような服装の人たちも目立ちます。

 勝どき橋を渡って、さらに晴海通りを直進。黎明(れいめい)橋を渡って晴海トリトンスクエアの角、晴海三丁目交差点を右に曲がって約900m直進すると、選手村にたどりつきます。

勝どきから選手村までの様子(画像:山本肇)

 勝どき橋を渡った晴海通りは銀座から選手村へのメインルートです。勝どき橋の築地側、築地市場跡地には大会関係の車両の駐車場もあります。しかし、「お祭り気分」はあまりありません。

 例えば、築地市場跡の駐車場。もう開催も間近ですから、さまざまなディスプレーで開催を盛り上げているかと思ったら、そんなことはありませんでした。日中は出入りする車両をガードマンが誘導していますが、駐車場の奥に五輪のデザインをあしらった車がなければ、単なる駐車場にしか見えないほど。

 このひっそりとした感じは、勝どき橋から黎明橋を渡って選手村まで一貫しています。都内の繁華街には「2020」と書かれた垂れ幕が街頭を飾っていますが、そのようなものはありません。

 勝どき駅近くの公園を散歩していた人に話を聞くと、次のように答えてくれました。

「選手村も近いし、以前は一生の思い出になると思っていたんですけどね……環状2号線が交通規制されるので、今は晴海通りが渋滞してバスが遅れると困ることくらいしか考えていません」

 勝どき・晴海で何人かに話を聞いてみましたが、誰もが五輪よりも大会期間中の交通規制のほうが関心事という様子でした。

漂う閑散とした、物寂しい雰囲気


【画像】勝どきから選手村までの様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_rupo_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画