まもなく創業100年 人形町の老舗「㐂寿司」はなぜ庶民にも愛されるのか

2021年6月25日

お出かけ
ULM編集部

一度は行ってみたい、老舗の江戸前寿司店。でも何となく敷居が高そうと躊躇しているなら、人形町の「㐂寿司」はいかがでしょうか。味はもちろん、さっぱりした愛想の良さと人情深さ、江戸前の気風を今に伝える名店です。


好きなネタを自由に食べる幸せ

 今日はどうしましょうか、から始まる職人たちとのやり取りは、ガラスケースの中を眺めながら具体のネタを指名する客もいれば、「白身と貝の、今日のおすすめをひとつずつ。あと何かさっぱりしたのをいただけますか」と好みに合わせて相談する客も。

4代目の油井一浩さんが握った寿司(画像:栗村昇 owl)

 もちろん、その日のネタを熟知する職人の目利きにゆだねて「取りあえず6貫くらい握ってください」と頼むのも良し。煮る、〆る、漬けるといった江戸前ならではの味を堪能できる「お決まり」5000円を頼むも良し。

 そもそも、来店時はおなかをペコペコにしておかなくてはならない決まりさえありません。近くへ出掛けたついでにフラッと立ち寄り、ふたつ三つだけサッとつまんで出ていくなじみの常連客もいるのだとか。

にぎやかな色街だった頃の記憶

 同店の始まりは明治の後期、「江戸三鮨」のひとつとうたわれた「与兵衛寿司」のお弟子の店で修業を積んだ油井喜太郎までさかのぼります。その技を受け継いだ油井さんの祖父が、現・日本橋人形町で寿司屋を開きました。

 当時このまちは芳町(よしちょう)という地名で、料亭や置き屋(客の求めに応じて芸者や遊女を宴席に差し向ける業者)がいくつも並び、人々が絶えず行き交うにぎやかな色街でした。

 令和の現在でこそビジネス街や首都高速道路に取り囲まれて風景は様変わりしましたが、㐂寿司が寿司のひとつひとつに掛ける手間ひまは、当時も今もほとんど変わりません。

何も変えず、守り続けていくこと


【画像ギャラリー】創業100年「㐂寿司」の握り

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210625_kizushi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_kizushi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_kizushi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_kizushi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_kizushi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_kizushi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_kizushi_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_kizushi_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_kizushi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_kizushi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_kizushi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210625_kizushi_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画