神田駅から1km以上離れているのに「神田古書店街」を名乗る意外な事情

世界的に知られる神田古書店街ですが、神田駅から1km以上離れているにもかかわらず、なぜ「神田」の名を冠しているのでしょうか。ライターの橘真一さんが解説します。


千代田区誕生で大量発生した「神田」

 千代田区に「神田●●町」が急増したのは1947(昭和22)年のこと。この年、麹町区と神田区というふたつの区の合併により、千代田区が発足しました。

 その際、旧・神田区にあった神田が付いていない各町名に、新たに神田がプラスされたのです。古書店街がある神保町も、千代田区の誕生とともに町名が神田神保町になったということです。

 この決定の背景にはふたつの説があり、神田区という区名がなくなることを惜しむ住民の声が反映されたというのがそのひとつ。もうひとつは、麹町区と神田区の両方に平河町という町名が存在したため、差異化を図ったという説です。

1932(昭和7)年発行の神田駅周辺の地図。神田区の記載がある(画像:国土地理院)

 これと似たようなことは、他の区でもあります。旧・日本橋区と旧・京橋区が合併して生まれた現在の中央区は、発足時に旧・日本橋区だった町名に日本橋が付加されています。

1962年施行の法律で「神田」地名は激変

 1947年に多数生まれた「神田●●町」はその後、一部が消滅しています。これは、1962(昭和37)年に施行された「住居表示に関する法律」が関係しています。

 以前の日本では、住所の表示には町名(字名)と登記所が定める地番が使われていました。ところがそのシステムは、

・地番は配列が規則正しいものではない
・町の境目が必ずしも一致していない
・「●丁目●番地●号」の“号”が存在しない

などの理由で、郵便の配達はもちろん、市民生活や行政事務に何かと不便を生じさせるものでした。そこでこの問題を解決するための法律が生まれ、「住居表示」という新システムに変更されていきました。

神田古書店街(画像:写真AC)

 合理化が主目的ですから、新たに“号”が決められたほか、“丁目”“番地”や町名までもが変更になることがありました。旧・神田区でいえば、かつての神田末広町や神田金沢町などだった地域は、住居表示実施後に町名が外神田に変わっています。

「神田岩本町」「岩本町」なぜ共存


【事前にチェック】明治初期の神田駅~神田神保町の様

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210619_kanda_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_kanda_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_kanda_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_kanda_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_kanda_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_kanda_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_kanda_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_kanda_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_kanda_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_kanda_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210619_kanda_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画