東京メトロ駅構内のローソン、人気アイテムをご紹介 働く女性に向けた展開も聞く

2019年2月2日

ライフ
ULM編集部

何かと便利な駅チカのコンビニ。東京メトロ駅内の「ローソンメトロス」と「ナチュラルローソン」に人気の商品と、今後の取り組みについて聞きました。


「食事を手軽に済ませたい」層に対応

 東京メトロとの提携から3年半が経過。ローソンはこれまでについて、次のように振り返ります。

「提携後当初は、たばこ・雑誌・新聞といった、売店の『旧 三種の神器』の需要が根強く、売り場の構成比の確保に対し、脱却すべきか、守るべきかで悩みました。1号店オープンから3年半が経過するなか、ローソンメトロスの売れ筋は『新 三種の神器』(おにぎり・調理パン・ベーカリー)へと変化しました。これはお客さまが、売店へ求めるものが変わったととらえています。

 働く女性の増加、働き方改革などで、限られた時間のなかで仕事を完結させなければならない就業者の『食事を手軽に済ませたい』という需要が、変化とつながっています。なお、ローソンメトロス渋谷店、ローソンメトロス表参道店の2店舗は『旧 三種の神器』の取り扱いが無い、食品強化モデル店舗です」(ローソン)

ローソンが推し進める「マチの健康ステーション」(画像:ローソン)

 また、ローソンは、「マチの健康ステーション」として、高齢化社会や健康志向ニーズの高まりなどに対応し、2012年から「美味しくて健康」を軸にした、ロカボ・健康志向商品の開発に取り組んでいます。

 具体的な取り組みは次のとおりです。

・商品パッケージの表面(オリジナルロゴ)や裏面(栄養成分表示)に、糖質量を記載

・ロカボ商品(低糖質食)であることを伝えるロカボマークを、ベーカリーやオリジナル菓子などの 商品パッケージに記載

 同社は今後、ロカボマーク掲載の商品を順次拡大していく方針です。

ヘルシー志向を取り込むナチュラルローソン


この記事の画像をもっと見る(12枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/02/190117_lawson_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190117_lawson_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190117_lawson_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190117_lawson_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190117_lawson_05-150x150.png
/wp-content/uploads/2019/02/190117_lawson_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190117_lawson_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190117_lawson_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190117_lawson_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190117_lawson_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190117_lawson_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/02/190117_lawson_12-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画