日本最東端 絶海の孤島「南鳥島」に明治の日本人がたどり着いたワケ

世界でも屈指の領海と排他的経済水域を持つ日本。その背景を探ると、行きついたのはアホウドリでした。『アホウドリを追った日本人』(平岡昭利、岩波書店)について、ブログ「山下ゆの新書ランキング Blogスタイル第2期」管理人の山下ゆ さんが紹介します。


高価だったアホウドリの羽毛

 なぜ人々がアホウドリを捕殺したかと言うと、その理由はその羽毛です。

 鳥島での記録によると、アホウドリ3羽からおよそ1斤(600g)の羽毛が取れたと言います。1897(明治30)年頃の羽毛の価格は、アホウドリの腹毛100斤で30~50円でした。当時の巡査の初任給が9円でしたから、アホウドリの羽毛は相当価値のあるものだったのです。

アホウドリ(画像:写真AC)

 このアホウドリの捕獲に本格的に乗り出したのが八丈島の大工、玉置半右衛門でした。玉置は江戸幕府が文久年間に行った小笠原開拓にも従事しており、そこでアホウドリの捕獲も経験しています。

 明治政府は1875年になると小笠原の再統治を決定し、小笠原に移り住んだ人々によって父島や母島のアホウドリは大量に捕獲され、その姿を消していきました。

 そこで玉置が目を付けたのが、伊豆諸島最南端の火山島・鳥島です。玉置は「牧畜開拓」という名目で鳥島の借地と下船許可を願い出ると、1887年の硫黄島探検の一行の船に乗せてもらい鳥島へ向かいました。そして、「牧畜開拓」はそっちのけでひたすらアホウドリの撲殺を続けたのです。

 鳥島はアホウドリが群生しており、白雪が堆積するようだったと言います。玉置はここに最大125人の労働者を送り込み、アホウドリを撲殺して羽毛をむしり取らせました。ひとりの労働者が1日100羽200羽のアホウドリを撲殺することも可能だったと言います。

 玉置が鳥島に上陸してから1902年までの間に撲殺したアホウドリの数は600万羽に達するとされ、100斤50円で計算すれば、玉置は15年間で100万円近い売り上げを得たことになります。ちなみに当時の総理大臣の年俸が1万円であり、玉置が手にしたお金がいかに巨額のものであったかがわかります。

放置されていた島に乗り込んだ日本人


【事前にチェック】「南鳥島」の位置

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210604_minami_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画