実在しないのになぜ? 架空のVTuberキャラがわざわざ「東京在住」を名乗るワケ

VTuberとは、CGで描かれたキャラクラーになりきり動画コンテンツを配信する活動形態のこと。当然ながらそのキャラはこの世に実在しませんが、わざわざ「東京在住」と名乗ることがしばしばあります。その意味とはいったい何なのでしょうか? 音楽ライターの村上麗奈さんが解説します。


ビジネス展開上のメリットも

 架空世界を舞台にしたコンテンツに東京の地名が用いられている例はいくつもあります。その中でも、ただ地名を借りているだけではなく、その土地の特性まで取り入れている例も存在します。

「電音部」という、ダンスミュージックをテーマにしたキャラクタープロジェクトがそのうちのひとつです。

 VTuberも声優として参加している同作の舞台は、未来の東京。渋谷や秋葉原など、東京の地区を舞台として取り上げ、それをモチーフとして設定が作り込まれています。

キャラクタープロジェクトの舞台にも描かれている秋葉原(画像:写真AC)

 単一のコンテンツとしてだけでなく音源やイベント、グッズ展開、ネット上での番組など広くメディアミックス的に展開する電音部。拡張を続けるこのようなコンテンツにとって、東京の舞台設定は消費者との距離が近くなるという点で非常に効果的であったと言えます。

 東京の存在を使って架空世界と現実世界との距離感を縮めることで、完全に架空の世界を舞台にするよりも、電音部のキャラクターやコンテンツを現実に持ち込みやすくなり、話題を作りやすくなると考えられます。

 このように、東京は架空の世界でも存在感を放っています。現実との心理的な距離を近くし、フィクションとノンフィクションの懸け橋のような手段として用いられているのです。


【2021年トレンド】人気の動画チャンネルを一覧でチェック

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画