実在しないのになぜ? 架空のVTuberキャラがわざわざ「東京在住」を名乗るワケ

VTuberとは、CGで描かれたキャラクラーになりきり動画コンテンツを配信する活動形態のこと。当然ながらそのキャラはこの世に実在しませんが、わざわざ「東京在住」と名乗ることがしばしばあります。その意味とはいったい何なのでしょうか? 音楽ライターの村上麗奈さんが解説します。


本来「場所設定」は重要でない

 彼らの動画を見てみると、キャラクター自身がCGであることはもちろん、背景もCGであることがほとんどです。真っ白でだだっ広い、なにもない空間を背景に配信をするVTuberの動画も数多くあります。現実世界にもアニメの世界にも存在し得ないような空間です。

 キャラクターが存在する居住地のみならず、VTuberの世界にはそもそも“場所”という概念自体が必要ではありません。そのキャラクターがどのような設定で、どのような場所にいるのかといった情報は重要ではないのです。

 にもかかわらず、VTuberには多かれ少なかれキャラクターについての設定が存在しています。その中でも「東京都内」に身を置いているというVTuberも存在します。

 たとえば、赤月ゆに(文京区)や鳩羽つぐ(杉並区の西荻窪)などです。

JR西荻窪駅からバスで行かれる善福寺公園。残念ながら鳩羽つぐは、いない(画像:写真AC)

 もちろん、文京区に行けば吸血鬼の赤月ゆにに会えるわけでなければ、西荻窪に赴いて鳩羽つぐに遭遇できるわけでもないでしょう。いわゆる「中の人」がそこに存在するとも限りません。

 では、居住地的要素が一切必要ないVTuberがこうして居住地を設定しているのには、一体どのような効果があるのでしょうか。

 VTuberはフィクションの面とノンフィクションの面を併せ持っています。アニメなどのキャラクターとは違い、キャラの動きも話す内容も現実に基づいています。われわれと同じように実際に生きている人間(「中の人」)が、外見と性格を仮想キャラに置き換えているだけなので、当然と言えば当然です。

フィクションとノンフィクションの狭間


【2021年トレンド】人気の動画チャンネルを一覧でチェック

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_vtuber_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画