なぜ若者は「初デート」で原宿へ行き、ついクレープを食べてしまうのか?

皆さんは「初めて東京へ行った日」のことを覚えていますか? 何もかもキラキラして見えたその日の記憶がいつまでも色あせないのはなぜでしょう。


デートの定番としての原宿

 2021年5月現在放映中のドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系)でも原宿が登場します。松坂桃李さん演じる主人公の桃地が初デートでどこに行けばいいのか悩んでいたときに、バイト先の女性陣が原宿を薦めるのです。

 原宿をプラプラして、クレープを食べて、バナナジュースをカップルストローですすって……。

原宿に来たらクレープを食べる。多くの若者が経験するであろう定番のデートコースだ(画像:写真AC)

 そういうデートコースというのは、長らく憧れのものでした。

 だから、「デートの定番」と聞くと原宿・竹下通りが出てきてしまうのかもしれません。竹下通りに行くとクレープが食べたくなるのは、もはや“原宿マジック”のような気がします。

 原宿の駅舎は2020年3月に新しく生まれ変わり、昔よりもずっとピカピカでキラキラになりましたが、かつての木造駅舎を知る世代にとっては少し寂しい気もします。

 原宿でのデートを経験した人たちは、そんな寂しさをより強く感じているかもしれません。

今の10代が憧れる街は?


【10代女子が住みたい街】1位は原宿、9位が意外……?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210528_long_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_long_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_long_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_long_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_long_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画