上司は今日もイライラ? 2021年新卒社員に感じる「違和感」の正体【東京女子お悩み相談】

東京で働く女性たちは、日々どんな悩みを感じているのでしょうか。今回は新橋の大手企業に勤めるB子さん(30歳)の話です。


リモートワークに思わぬ課題

 身だしなみや表情、仕草などが非言語コミュニケーションに含まれていますが、非対面のリモートワークでは読み取りにくいもの。

 コロナ禍で入社した新卒社員は既存社員との心の距離が縮められず、悪い印象ばかり目立ってしまうこともあります。それが上司のイライラを助長してしまっているのです。

 新型コロナ禍で東京都が「出勤者の7割削減」を掲げたことにより、都内ではリモートワークの導入がいっそう加速しました。感染予防や通勤時間の削減などメリットが大きい半面、こうした思わぬ課題も生じました。

なじめない新社員、五月病も

 しかし、こうした非対面のコミュニケーションに困惑しているのは上司だけではありません。

 新入社員も会社になじめずに苦戦しています。若手社員のなかには「ミスが多くても憎めない愛されキャラ」もいますが、チャット上の文面だけで愛されキャラになるのは難しいでしょう。

 千代田区・神田のメーカーに勤務している新卒社員のC子さんはこう語ります。

「社会人のルールがいまいち把握できていないままリモートワークをしていて、『言葉遣いがまだ学生だね』と言われてしまいました。チャットだと指摘された言葉もそのままログに残るので、なんだかチャットツールを見るのも憂鬱になってしまって……自宅でひとりで仕事をしていてもやる気が出ず、正直、五月病ぎみです」

本音を聞き出すのは上司の役割


【調査】コロナ禍の新卒が突きつける「会社への要望」とは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210508_nayami_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_nayami_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_nayami_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_nayami_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_nayami_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_nayami_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_nayami_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_nayami_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画