GWは自宅で過ごそう! 緊急宣言下の東京で「おうち時間」が10倍楽しくなる秘策とは

東京は2021年、再び緊急事態宣言下でゴールデンウイークを迎えます。せっかくの連休を自宅で楽しく過ごす方法とは? フリーライターの小西マリアさんの解説です。


おうち時間を楽しくする提案

 政府や各自治体が感染拡大の防止に努める中、こうした沈鬱な空気を打ち破ろうと民間企業はさまざまな取り組みを拡大しています。

 例えば、大手ビールメーカーや家電メーカー、アウトドア製品メーカーなどの企業で構成する「#最高の時間」プロジェクト。これは<何気ない日常の中に、今こそ「最高の時間」を>と呼び掛けるもの。

せっかくなら楽しい「おうち時間」を――。民間企業の取り組みも広がっている(画像:「#最高の時間」プロジェクト)

 長引くおうち時間をポジティブに捉え直す方法として、有名店のフードデリバリーを利用して自宅で本格レストラン並みの食事を楽しんでみたり、新しいトースターを購入してワンランク上のトーストの焼き加減にこだわってみたり。はたまた、色鉛筆を購入してアートにチャレンジしてみることなどを提案しています。

「コロナのせいでどこにも出かけられない」と家で漫然と過ごすより、ちょっと高めのメニューをデリバリーして昼からビールを飲んだり、真新しい家電製品を思いきって買ってみたりする方が、はるかに充実しそうです。

 外出自粛で消費が落ち込む中、多くの企業は経済活性化を狙うポジティブなプロモーションを投入しています。そうした提案に思いきってトライしてみるのも新たな発見がありそうです。

意外と長い「巣ごもり消費」の歴史


【調査】GWに旅行・帰省を予定している人の割合は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210424_gw2021_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_gw2021_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_gw2021_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_gw2021_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_gw2021_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_gw2021_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画