苦労は美徳じゃなくて、ただの無駄! 敏腕コンサルが語る2021年度版「ラクな働き方」とは

コロナ禍を経た2021年は、私たちの働き方や暮らし方をよりラクにするアイテムやサービスが続々と登場しています。消費者経済総研 チーフ・コンサルタントの松田優幸さんが、2021年度のキーワードとなる「ラク活」について解説します。


トレンド予測、注目のアイテム

 消費者経済総研は新年度の注目ベスト40も発表しています。その中から、ラク活につながるアイテムやサービスを見ていきます。

 11位「EVERING(エブリング)」。

 これは指輪の形をしたデジタルデバイスです。この指輪を指にはめ、支払時にかざすだけでキャッシュレス決済できます。2021年春頃に予約発売開始予定とのことで、ますますラクに買い物活動(ラク活)ができるようになる注目アイテムです。

 13位「都心居住マンション」。

 テレワークから再び通常出勤に戻った際には、ラクな通勤生活に関心が高まるでしょう。特に過密都市の東京では、より注目です。

 そこで徒歩・自転車で通勤できる都心マンションが13位です。コロナ禍では地方への移住が話題になりましたが、実際の移住者は限定的でしょう。またコロナ禍で、郊外よりも都心志向を示す調査も発表されています。

 オフィス不要論も言われる中、都心の開発計画は、オフィス用途から住宅への変更も検討すべきです。

日常をラクにする便利なサービス


【調査】上司との面談、「ムダ」と感じる20代社員は何割?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210424_raku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_raku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_raku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_raku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_raku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_raku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_raku_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画