東京都に「ジュラシックパーク」があった? 知られざる熱帯自然林の正体とは

映画『ジュラシック・パーク』を彷彿とさせるような「ヘゴの森」が、東京都八丈島にあるといいます。紀行作家の斎藤潤さんでも「聞いたこともなかった」と言う珍しい森。斎藤さんがその地を歩きました。


ヘビのような模様のフルーツが

「ヘゴの森は、私有地なんですよ」

 だから、オーナーに許可を得たガイドの同行が必要です。勝手に入ると、不法侵入になるので、要注意。

「オーナーが、自分の森にあったヘゴを増やして、ジュラシックパークのような世界を作り上げたんです。オーナーの神様も祀(まつ)られている場所なので、失礼のないよう注意してください」

 といっても、そんなに改まったことではありません。ゴミを捨てたり、植物を勝手に採ったりしてはいけないということ。無礼なふるまいをすれば、神様に祟(たた)られる。素晴らしい森の環境を、謙虚に楽しめばいいのです。

 変哲もない林道をぶらぶら歩いていくと、葉の長さが1mほどのシダ、ハチジョウカグマが道端の斜面から垂れ下がっていました。少しずつ南国らしくなってきたぞ。

 やがて、2mほどの大きな葉をつけたリュウビンタイ(これもシダの1種)も現れました。近くの杉の立ち木には、モンステラが絡んでいます。鉢植えなどでもよく見かける観葉植物で、ヘビを思わせる鱗(うろこ)模様の実は怪しげ。

モンステラの実と葉(画像:斎藤潤)

 とても食べられそうにないですが、実はフルーティーでおいしい。カブツ(八丈のダイダイ)らしき実も、なっていました。

恐竜がいるのではと思う深い森


【画像】東京にある「ジュラシックパーク」の森

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画