山手線の北側部分が、まるで「M」みたいな形になってるワケ

「まあるい 緑の山の手線~♪」というCMソングがあるように、丸いイメージを持たれている山手線ですが、北側はアルファベットの「M」のような形になっています。いったいなぜでしょうか。フリーライターの弘中新一さんが解説します。


駅の拡張を考えた結果、池袋に

『地形で読み解く鉄道路線の謎 首都圏編』によると、当初の計画では田端から南西方向、目白方面へ接続することになっていたものの、計画は途中で変更に。その理由は、住民の反対や「巣鴨監獄」に近すぎるという意見が出たためでした。

 また将来、駅周辺が発展して駅の拡張を考えた場合、切り通しのなかにあって拡張が難しい目白駅より、平地で人口も少ない地域に池袋駅を新たに設けたほうが利点があるとされたようです(伊藤暢直「日本鉄道池袋停車場設置経緯に関する考察(二)」『生活と文化:豊島区立郷土資料館研究紀要』第15巻)。

 田端から目白方面までは当初、巣鴨と雑司ヶ谷に駅が設けられる予定でした。巣鴨はすでに山手線の駅が完成していましたが、雑司ヶ谷は都電があったものの、副都心線の開通までは鉄道空白地帯でした。

左側が1909(明治42)年の地図。目白駅〈黄枠〉と巣鴨駅〈赤枠〉の位置関係(画像:国土地理院、時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)

 1909(明治42)年の地図を見ると、目白~巣鴨間を通り抜けようとすると繁華な地域を通らなければなりません。用地確保はどう見ても困難そうです。このような状況であれば、建設をスムーズに進めるために「遠回りしてでも避けよう」と考えるのは当然です。

 池袋駅が建設されたことで、山手線にはM字状の線形ができることになりました。しかし問題はまだ残っていました。

 雑司ヶ谷を避けても、中山(なかせん)道・日光街道などの街道を横切ることは避けられません。この辺りは江戸時代、町屋が並び、街道を行き交う人々を相手にした商売が盛んであり、途中にはふたつの川が刻んだ谷戸もありました。

池袋駅の端緒となった「M字」


【事前にチェック】東京の地形がわかる「デジタル標高地形図」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210403_yamanote_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画