コロナ禍にオンラインゲームを始めたら、子ども時代にハマった「ボンバーマン」を思い出した話

東京で暮らし、働く男性たちは、日々何を見て何を思いながら過ごしているのでしょう。イラストレーターでライターのズズズ(zzz)さんが、自身の「何でもない今日」をイラストともに切り取ります。今回のテーマは「オンラインゲーム」。


まるであの頃のような友人との時間

 ゲームが開始されるとプレイに集中して、待機時間は

「実は転職考えていて、こんな勉強してるんだ」
「最近釣りにハマっててさ」

なんて会話をする。

ゲームの待機時間、何気なく交わす友人との会話も大切な時間になった(画像:ズズズさん制作)




 不思議なことに2020年のコロナをきっかけに地方の友人と交流する機会が増えたように思います。

 正直、男同士でただ電話をするだけというのは少し恥ずかしくてためらってしまいますが、オンラインゲームというクッションで、そのハードルが低くなっているのかもしれません。

 なかなか外出もできず、人と交流する機会も減っている昨今だからこそ、この時間はとても有意義に感じます。そして、友人から連絡が来るたびにあの頃を思い出すのです。

「今日さ、お前んちでボンバーマンしようぜ!」


【コロナ禍】オンラインゲームする若者が激増

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210317_online_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210317_online_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210317_online_02-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画