「あと少し頑張ってみよう」 閉塞する街・東京にMr.Childrenが差し伸べる一筋の希望とは

地方から上京し、毎日がむしゃらに働いても夢が叶うかどうかは分からない。きらびやかな一方で閉塞も感じる東京に暮らす人々に、Mr.Childrenは温かな歌詞でそっと寄り添ってくれます。日本が誇るロックバンドが見つける「東京」の姿を、音楽ライターの松本侃士さんが解説します。


あなたのミスチル「東京ナンバー」は?

 これまで紹介してきた楽曲は、東京、もしくは、ひとつの街が舞台となっていましたが、この「Brand new planet」では、メッセージのスケールが宇宙規模へと拡大しています(「可能性」を「可能星」と、逆に「星」を「欲しい」と表記している点にも、要注目です)。

 日々の生活における些細な感情や心境の変化が、「宇宙」へと接続されていく壮大な展開、そして、そこに説得力をもたせる奥行きと深みを秘めた重厚なバンドアンサンブルに、筆者は強く心を打たれました。

※ ※ ※

 ここで紹介した楽曲はごく一部で、Mr.Childrenの楽曲の中には、まだまだ、東京の街で懸命に生きる人々の背中を押し、そうした人生を鮮やかに彩ってくれる楽曲が数多くあると思っています。ぜひあなたも、自分にとっての「東京ナンバー」を探してみてください。


【ランキング】「働く人の応援歌」3位ミスチル、1位は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画