「あと少し頑張ってみよう」 閉塞する街・東京にMr.Childrenが差し伸べる一筋の希望とは

地方から上京し、毎日がむしゃらに働いても夢が叶うかどうかは分からない。きらびやかな一方で閉塞も感じる東京に暮らす人々に、Mr.Childrenは温かな歌詞でそっと寄り添ってくれます。日本が誇るロックバンドが見つける「東京」の姿を、音楽ライターの松本侃士さんが解説します。


無機質で冷淡なイメージの東京

<東京を象徴しているロボットみたいなビルの街
 目一杯 精一杯の
 働く人で今日もごった返してる>

 これは「東京」のはじまりの一節です。

人々がせわしなく行き過ぎる街、東京。皆さまざまな思いを抱いている(画像:写真AC)

 歌詞の後半を読んでいくと、この楽曲の主人公は、地方から上京してきたことが読み取れますが、そうした地方出身者から見た、無機質で冷淡、そして喧騒という東京のイメージが綴られています。そしてこの楽曲は、次のように続いていきます。

<描いた夢、理想を追い続けたって 多分
 ものにできるのはひとにぎりの人だけど
 あと少し頑張ってみようかな
 それでもいつか可能性が消える日が来ても
 大切な人はいる>

<この街に大切な場所がある
 この街に大切な人がいる>

 喧騒の街・東京の中で、自分の夢を叶えるために、もしくは、自分にとって大切なものを守り続けるために、日々を懸命に生きている人(特に、地方出身者)にとっては、この歌は、とても深く響くのではないでしょうか。

「誰かが特別喜ぶでもない でも」


【ランキング】「働く人の応援歌」3位ミスチル、1位は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_mrchildren_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画