デリバリー専門店増加で激変する「食の価値観」 早い・安い・うまいはもはや過去の産物か?

新型コロナウイルスの感染拡大によるデリバリー需要の拡大に伴い注目を浴びている「ゴーストレストラン」。その最新動向について、文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。


「好きが高じて」が生む新たな食体験

 ゴーストレストランとオーバーラップするのが、複数の料理人が店舗やキッチンを共有するシェアレストランで、既存店舗の営業時間外に別の料理人が営業する間借りの飲食業態です。

 客席があるためテイクアウト・デリバリー特化ではありませんが、ゴーストレストラン同様、飲食店を開業するためのコスト・時間が軽減され、飲食店を始めるハードルを下げる効果があります。

 コロナ以前から徐々に増えており、身近なところで見かけることも多くなってきました。ゴーストレストランも含めたこれらの飲食業態は、飲食店の新たな魅力付けになるとともに、飲食業のインキュベーター(起業支援者)的な役割を果たしていると言えます。

 間借り店舗では居酒屋やバルなどの夜間営業の店舗で、朝や昼だけ違う料理人が営業する形態がよく見られました。現在はゴーストレストランのキッチンとして別の飲食事業者が既存店舗を間借りする場合もあり、コロナ禍で集客が減少したレストランの空きスペースの有効活用といった側面も出てきました。

 店舗を間借りできるレストランのマッチングサービスも増えており、牛丼チェーン大手の吉野家HDはマッチングプラットホーム「シェアレストラン」を提供しています。

デリバリーメニューのイメージ(画像:写真AC)

 しかし、なかには特に計画的に飲食店経営の独立を目指している訳ではなく、緩やかな動機で間借り営業している場合も見られます。

 近年は好きが高じて料理を個人で研究し、SNS上で情報発信するプロ顔負けの人も増えていますが、それを仲間にふるまううちに、もっと多くの人に提供したいと考える人も少なくないでしょう。

 特にカレーやラーメン、スイーツ、パンなどこだわりが出るメニューを提供している店舗が見られます。さらに、中には実店舗を持たずにイベント出店などの不定期な活動をメインにして、ファンを獲得している飲食関連の団体も見られます。

 いつでもどこでも同じクオリティー・価格の大手チェーンは安心して利用できる不可欠な存在ですが、このような飲食業態の存在も刺激的で興味深いものです。

 このような飲食業態によって新しい食体験が生まれてくるのを期待したいところです。


【調査結果】一般人が「テイクアウト・デリバリー」を選ぶ理由

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210223_ghost_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210223_ghost_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210223_ghost_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210223_ghost_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210223_ghost_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210223_ghost_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画