「恋愛アプリ系ドラマ」空前のブーム 背後にある現代人の飽きっぽさ

街角で偶然肩がぶつかった相手と恋に落ちる。気になる相手と社内のエレベーターで偶然の停電に見舞われて閉じ込められる。――ドラマでしばしば見かけるこうした場面、実際に経験したことがある人はどのくらいいるでしょうか。文字通りドラマチックな「運命の出会い」に対して、より現実的な「マッチングアプリでの出会い」を描くドラマ作品が徐々に増えているようです。フリーライターの苫とり子さんが、現代的背景を含めて解説します。


利用経験者、交際経験者とも約半数

 また、同社の調査で注目したいのがマッチングサービス・アプリ利用経験者623人に聞いた「マッチングサービス・アプリを使って実際に会った人とのその後」について。

マッチングアプリで出会った相手と交際に至ったケースも約半数に上るという調査結果もある(画像:写真AC)

 男女ともに約半数が「実際に会ってみたが、それ以降はなにもない」と答えている一方、「現在付き合っている」「付き合っていたが別れた」と答えた人もそれぞれ25%以上に上っているのです。

 マッチングアプリで恋人ができた東京在住の20代女性は、筆者の友人だけでも5人以上。それだけ、マッチングアプリは男女の出会いに貢献していると言えるでしょう。

アプリから始まる恋愛ドラマも続出

 ここ数年、ドラマや映画でもマッチングアプリでの出会いが描かれるようになってきました。

 例えば2021年1月10日(日)、日本テレビ系で本田翼さん主演のスペシャルドラマ『アプリで恋する20の条件』を放送。このドラマではマッチングアプリを通して出会った男女6人の恋愛模様を描きました。

 作中に「ヤリモク(恋人を作るためではなく性行為を目的とする人)」や「メシモク(出会った人にご飯を奢ってもらうことを目的とする人)」など“マッチングアプリあるある”が盛り込まれていたのも印象的です。

マッチング系ドラマはなぜ増えたのか?


【ランキング】“出会いやすい”マッチングアプリ 1~10位を一挙発表

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210204_matching_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210204_matching_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210204_matching_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210204_matching_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210204_matching_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画