意外と知らない? 日比谷・銀座・有楽町の「境界線」は一体どこなのか

東京人にとってなじみ深い銀座・有楽町・日比谷エリア。しかしその明確な区分けを知っている人は少ないでしょう。ライターの橘真一さんが解説します。


複雑怪奇な有楽町と銀座の境界線

 日比谷と異なり、有楽町という地名は存在します。

 前述のように、地図上でJR有楽町駅から西南に位置する日比谷と呼ばれる地域も、多くが有楽町に含まれます。駅の西側は皇居のお堀手前までが有楽町で、北側の東京国際フォーラム辺りは千代田区丸の内となります。

 一方、地図上でJR有楽町駅の南と東にある銀座とは、東京高速道路がボーダーラインになっているという認識が一般的で、大まかには正解です。確かに、イトシア有楽町、有楽町マリオンは有楽町ですが、マロニエゲート銀座、東急プラザ銀座は中央区銀座です。

黄色い部分が東京高速道路(画像:東京高速道路)




“大まかには”という表現をしたのには理由があります。厳密に突き詰めていくと、ある大きな問題が浮上するからです。

「大きな問題」とは何か

 有楽町と銀座のボーダーラインとなる東京高速道路の下には、銀座インズ、銀座ナインなどの商業施設があります。注目すべきは、その住所です。

 銀座インズ1は中央区銀座西3丁目1番地先、銀座ナインは中央区銀座8丁目10番地先という住所を公表しています。

 どちらも「番地先」という表記を用いていますが、これは、正式な地番がない場合にみられるものです。地方の山林などでは珍しいことではありませんが、東京のど真ん中にもそのような場所があるのだから驚きです。

「銀座西」をグーグルマップで調べた結果(画像:(C)Google)

 また、銀座インズの「銀座西」という住所も不思議です。試しにグーグルマップで検索してみてください。そんな地名が存在しないことが分かります。

謎地名の背景にあるもの

 この怪現象は、東京高速道路がもともと川や堀を埋め立てて造られたことが背景にあります。

 高速道路は極めて公共性の高い施設であることも手伝い、事前にどこからが千代田区で、どこまでが中央区か(または港区か)といった線を引くことがなされず、住所、地番が定められなかったのです。その状態で、長い年月がたってしまったわけです。

 このことから、高速道路の下にあり正式な住所がない店舗、施設はそれぞれ便宜上の住所を使用しています。

銀座インズ周辺の様子(画像:国土交通省)

 そのため、例えば銀座インズ内では、「銀座西」以外にも、同じく実在しない「銀座9丁目」という住所を名乗る店もあります。有楽町とも銀座ともいえない銀座インズのなかで、大多数が銀座を便宜上住所とするなか、有楽町を名乗る施設もあり、建物内でそれが混在する現象も一部でみられます。

新橋なのに銀座、有楽町なのに丸の内を名乗る施設のある怪


【地図】日比谷・有楽町・銀座の区分を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210205_kyokai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210205_kyokai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210205_kyokai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210205_kyokai_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210205_kyokai_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210205_kyokai_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210205_kyokai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210205_kyokai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210205_kyokai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210205_kyokai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210205_kyokai_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画