もはや上京は「憧れ」ではない? ドラマ『ボス恋』が描く新時代の東京物語とは

いくつものヒットドラマを生み出してきたTBSテレビ系の火曜22時枠で、2020年1月から『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』がスタートしました。主人公は大きな夢を描いて上京してきたヒロイン……ではなく、「普通が一番」と考える安定志向の平均女子。作中に描かれる新しい東京の姿について、ライターのふくだりょうこさんが解説します。


上京はもはや普通のこと?

 東京への上京はこれまで一種のステータスのように思われていた部分があります。

 華やかで憧れの街。東京の人はオシャレ! とか、個性的! というイメージがあったのではないでしょうか。

 人口の多い東京ですが、実は約半数近くは地方出身者というデータも。進学や就職をきっかけに東京へ行くという選択肢があるというのはもはや特別ではなく、普通のことなのかもしれません。

話題のドラマ「ボス恋」で主演を務める女優の上白石萌音さん(画像:東宝芸能)

 奈未も東京に憧れているというよりは、「健ちゃん(幼なじみ)がいるから」というだけで上京を決めています。そして「普通」であることを好む奈未にとって、上京は特別なことではなく当たり前の選択肢だった……というわけです。

 実際、東京に来たことに対する気負いはあまり見られません。

東京に夢見る「普通」と「安定」の生活

 雑用係として、宝来にこき使われる奈未。へとへとで家に帰ってきたら倒れ込むようにしてベッドへ。「普通の生活がしたいだけなのに……」多忙な宝来の要求は次々と繰り出され、奈未はこなすことだけで精いっぱい。しかし、奈未はあることをきっかけに「キレて」しまいます。

「こんなのは仕事じゃない、ただの召し使いじゃないですか」
「人並みでいいから普通の仕事がしたいんです」

 そんな奈未に宝来が返した言葉は辛辣なものでした。

普通を手に入れるのは容易ではない


【画像】ザ・東京? 主人公が働く「おしゃれ編集部」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210117_bosskoi_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画