太め・細め……「眉毛トレンド」40年間の変化、行きついた令和の新スタイルとは?

女性の眉毛は、その時代ごとの流行が如実に反映されるパーツのひとつ。人気の太さや形状がさまざまに変化してきました。そして行き着いた「令和の眉」の特徴とは? 平成ガールズカルチャー研究家のTajimaxさんが資料を基に解説します。


どんなファッションも太眉が定番

 1982(昭和57)年にカネボウのCMでブルック・シールズが来日、また女優・石原真理子さんの人気も相まって、美人顔の条件の中に「意思的な太い眉」が入り全国的に広まります。

 以後、眉を剃ったり抜いたりする習慣は廃れ、しばらく目立った変化は見られなくなりました。

 いじったとしても「透明マスカラで立たせる」か「眉をペンシルでクッキリ描く」という程度。とにかく「眉は太い方が美しい」という美意識がそこにありました。

 この80年代から平成初期にかけては、ピンクハウスのようなファッションでも今井美樹さんを筆頭にしたナチュラルなファッションでも、ボディコン姿のギャルでも、系統は違えど「太眉」が共通して美のスタンダードだったのは興味深いところです。

安室ちゃんが火をつけた細眉ブーム

 そんな太眉文化にいったん終止符が打たれたのが1993(平成5)年。ナオミ・キャンベルから一斉に火がついたスーパーモデルブームです。

 ナオミ・キャンベルのトレードマークであるアーチ形の細眉とヌードベージュの口紅は90年代を通してトレンドとなります。

筆者所蔵の雑誌『Popteen』1996年7月号。人気の女優や女性歌手たちの眉毛特集などの企画がたびたび掲載されるようになった時期(画像:Tajimax、角川春樹事務所)

 1995年からは、より近いあこがれの存在として安室奈美恵さんの細眉も大ブームになりました。

 当時、安室さんの直線的な細眉は彼女のくりっと大きな瞳をより際立たせ、女性たちの支持を集めます。

「眉を整える」はスタンダードに


【貴重画像】80年代~2000年代「眉トレンド」の変化(15枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_eyebrow_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画