大田区「八幡浴場」にオジチャンもオバチャンも若者も足しげく通うワケ【連載】TOKYO銭湯ザンブリコ(7)

ソーシャルディスタンスな散歩を満喫したら、街角の銭湯でザンブリコ――。散歩と銭湯巡りをこよなく愛するコラムニストの島本慶さんが、東京の魅力的なコースへとお連れします。リニューアルした本連載、第7回は、目黒区の洗足からスタートです。


淡水の赤っぽい湯にザブン!

 それにしてもシンプルなたたずまいですなぁ。サウナも無いし、2006(平成18)年にリニューアルねぇ。でも、軟水の湯と日替わりの薬湯ってのがうれしいじゃないの。

 というわけで私(島本慶。コラムニスト、ミュージシャン)、げた箱の54番に靴を入れてフロントへ。へーえ、お姐さんが座ってるのね。取りあえず470円を払って中へ。見渡すと、まぁまぁの入りですね。そんなに人も多くなくていい感じ。サクサク脱いでロッカーに荷物と服をぶっ込み洗い場へ。

 まずはカランを確保して、いつものようにシャワーで頭をぬらしてから体を洗います。持参したせっけんで全身をよおく洗い、頭もゴシゴシ。シャワーで丁寧に洗い流してから、さて浴槽はと、見れば正面にヤシの木と海岸。南国風のタイル絵です。

 右から日替わり薬湯の赤っぽい湯(この日はモモ?)で淡水だそうです。その左に軟水のリラックスバス、ボディーマッサージ・ジェットと並び、左がブクブクの湯となっております。

「八幡浴場」までの散歩コースの風景(画像:島本慶さん制作)




 私は少し熱めのモモの湯に入り、ウットリしながらため息を漏らします。でもってお次は隣の軟水へと思ったら、おじいちゃん3人が独占していて入れません。それじゃあと左のブクブク湯へ。

 これがぬるめでしばらくボーッとしながらブクブクに身を委ねます。というわけで、1か所あるシャワーブースで全身を流してから、タオルをよく絞って頭から全身をフキフキ。

 脱衣場に出て、そうそう体重を計らなきゃってんで乗っかると、うーん53.5kgか。まぁこんなもんでしょ。身支度を調えてから、銭湯を出ます。あ~いい湯だった。

 それにしてもこのあたり、まったくの住宅街だから、赤提灯の明かりがまったく無し。となると大岡山駅に向かわざるを得ません。さすがに駅周辺には飲み屋街が絶対にあると見てウロウロ。このウロウロもまた楽しからずや。なんてね。

 でも、うーんなかなか見つからず、ん? 何やらビルの地下が飲み屋街? ここどうかなぁ「亀鶴」って、うーん。


【地図】今回登場した銭湯をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/201231_sento_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/201231_sento_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/201231_sento_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/201231_sento_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/201231_sento_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/201231_sento_02-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画