一歩間違えば炎上も? 「一般人あるある」ネタが最近、妙に増えたワケ

街中や身近な知り合いにいそうな一般人の仕草・言動をマネする「一般人あるある」ネタが最近SNSなどで人気です。ただし一歩間違えば“炎上”するケースも? フリーライターの苫とり子さんが最近のトレンドをリポートします。


「巷(ちまた)にいる女」シリーズ

 音楽聞き放題サービス「AWA(アワ)」と業務提携しており、TikTok内に追加された楽曲はどれでも自由に使うことができます。ただ面白いことに、TikTokでこれまで流行(はや)った楽曲は、誰もが知る有名アーティストの曲だけではありません。

 2020年大みそか放送の「第71回NHK紅白歌合戦」に初出場が決まったシンガーソングライター瑛人さんの「香水」は、リリースから約1年後に TikTokから有名になりましたし、 動画で自身の楽曲を発信していたひらめさんの「ポケットからきゅんです」というオリジナルヒットソングもTikTokから世に放たれました。

 基本的にはこれまでBGMと振り付けを合わせた他の人もパロディーしやすい動画が人気を博していましたが、サービスのリリースから3年という月日が経った今、どんどんと動画の内容も多様化しています。

 その中でも最近よく目にするのが、「あるあるネタ」を盛り込んだモノマネ動画です。その代表格となるのが、女性お笑いタレントとしても活躍する丸山礼さん。

 丸山さんはお笑い芸人ロバートの秋山竜次さんのモノマネで知名度をアップしましたが、TikTokでは「世間にいそうな一般人」のモノマネ動画を中心に披露しています。

 動画数は多くないものの、そのフォロワー数は何と30万人以上。「#巷(ちまた)によくいる女」シリーズとして、「明日の予定を聞いた上で無茶言う女」や「大学のプレゼンテーションで自分のノリが発表に支障をきたしてしまう女子大生」など、実際に目撃したことがあるかのような一般人のモノマネがフォロワーに受けているようです。

一般ユーザーも人気ネタ発信


【画像】「あるあるネタ」注目の3組

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201230_monomane_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画