「3密」から「5つの小」まで 小池都知事の言葉が力強くて記憶に残るワケ

コロナに始まり、コロナに終わった2020年ですが、対策の陣頭指揮で存在感を高めたのが小池百合子東京都知事です。そんな小池都知事の発する言葉の強さについて、東京都をフリーライターの鹿間羊市さんが分析します。


言葉によって現実の見え方は変わる

 例えば、目の前に1本の木があると想像してみましょう。

丘の上にある木(画像:写真AC)

 木は「根・幹・枝・葉」というさまざまな部分から成り立っています。私たちはそれぞれの部分を指し示す言葉を知っているので、当たり前のように「根・幹・枝・葉」を区別することができます。

 しかしこれらの言葉を知らないまま1本の木を目の当たりにしたら、私たちはそれをどう捉えることになるでしょうか。何やらえたいの知れない、茶色と緑の長い物体としてしか認識できないかもしれません。

 言葉があることで、私たちは現実の事物や事象をより明確に捉えることができます。「明確に」というのは「区別ができる」ということです。

 例えば日本語では、川に生息し硬質なうろこと強力な顎を持った肉食の爬虫(はちゅう)類を「ワニ」という言葉でしか表現できませんが、英語であればどう猛で牙の鋭いcrocodileと、比較的小型で温厚なalligatorといったように区別できます。

 言語や文化によって、この区別のあり方は千差万別です。例えば「色彩」は無数のグラデーションから成り立っているものですが、ひとつひとつの色を表す単語の種類によって、「どこまでが同じ色で、どこからが違う色か」という境界線の位置が変わる、ということになります。

 ソシュールは「ある言葉が指し示す範囲」というものが言語によってさまざまに異なることを「恣意(しい)性」という言葉で表現しました。

 恣意性はここで「必然性」の対概念となっており、「別様でもありうる」ということを意味しています。すなわち、ある言葉と現実との結びつきは必然的なものではなく、言葉が指し示す範囲は流動的に変化しうる、というわけです。

「密」は現実をどのように変えたか


【今年最も頑張った政治家】第1位は吉村府知事、小池都知事は何位だった?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201226_koike_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_koike_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_koike_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_koike_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_koike_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_koike_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_koike_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_koike_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_koike_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_koike_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201226_koike_08-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画