私立大学難化で志願者が6000人増 元総理大臣が創立した「拓殖大学」とはどのような大学なのか

私立大学の定員厳格化で軒並み志願者が減っている私立大学。そんななか近年5000人以上も増えているのが拓殖大学です。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


新渡戸稲造も要職に就く

 1917(大正6)年に、海外で高い評価を得た「武士道」の著者で教育者の新渡戸稲造が2代目学監(教育責任者)に就任。1919年には医師であり政治家でもある後藤新平が第3代学長に就任しています。日本の近代史を語る上で外せない人物が要職に就いたのです。

「後藤新平の『仕事』」(画像:藤原書店)

 学校のトップに当時の日本で国際的知名度の高い新渡戸稲造や台湾総督府民政長官や南満州鉄道初代総裁を歴任した後藤新平を置いたことは、学校として掲げていた日本国外で活躍する人材育成への情熱が伝わります。

 その後、日本の政策の変化が色濃く影響し、名称は台湾協会専門学校から東洋協会専門学校となり、1922年には大学に昇格しました(東洋協会大学)。そして4年後の1926年、拓殖大学と改称しました。ちなみに拓殖とは未開の荒地を切り開いて、そこに住みつくことを意味しています。

 そんな拓殖大学には現在、

●商学部
・経営学科
・国際ビジネス学科
・会計学科

●政経学部
・法律政治学科
・経済学科

●外国語学部
・英米語学科
・中国語学科
・スペイン語学科
・国際日本語学科

●国際学部
・国際学科

●工学部
・機械システム工学科
・情報工学科
・電子システム工学科
・デザイン学科

の5学部14学科に8719人が学んでいます。商学部と政経学部は文京キャンパス、外国語学部と国際学部そして工学部が八王子キャンパス(八王子市館町)に設置されています。

言語教育も豊富に行う政経学部


【データ】卒業生の「主な就職先」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201218_taku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201218_taku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201218_taku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201218_taku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201218_taku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201218_taku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201218_taku_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201218_taku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201218_taku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201218_taku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201218_taku_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画