池袋北口はもう古い? 現地色が強すぎる「中国料理店」が高田馬場に増殖している

東京で中国料理店が多いエリアといえば、池袋や亀戸が知られています。しかし昨今、高田馬場にも多くのお店が進出しているといいます。フリーライターの真砂町金助さんが解説します。


西池袋にある日本と中国が交錯する空間

 池袋や亀戸のチャイナタウンはかねてより、珍しい食べ物や店を好む人たちが通うディープゾーンといったような場所でした。ところが、2019年くらいから物珍しさで訪れる人も増えています。

 潮目が変わったのは、池袋北口(西口)を出てすぐの雑居ビルにある中国食材のスーパー「友誼商店(ゆうぎしょうてん)」豊島区西池袋)のなかに2019年秋、「友誼食府」というフードコートができてからです。

「友誼商店」と「友誼食府」がある西池袋(画像:(C)Google)

 友誼食府は上海・四川・台湾など各国の料理を食べることができ、かつ現地色満載。見た目は日本のフードコートと変わらないため、心理的なハードルが低かったのか、SNSを通じて次第に広まっていきました。

 結果、今では日本人と中国人とが入り乱れて食事を楽しむスポットになっています。観察していると、デート中のカップルもいれば、スーパーで紹興酒を買ってきて宴会を始めているおじさんグループもいます。こんなカオスな空間は、東京でもまたと見られないでしょう。

高田馬場の人気店は料理の量も現地並み

 胃袋がいくつあっても足りないチャイナタウンはさらに広がりをみせ、いまや高田馬場にも展開しつつあります。もちろんこちらも池袋に負けず現地色満載です。

 友人に誘われて先日、グルメの間で最近話題の「本格湖南料理 李厨」(新宿区高田馬場)に行ってきました。湖南料理は中国八大料理のひとつで、その特徴は四川料理に負けない辛さ。四川料理がしびれる辛さなのに対して、湖南料理の特徴は酸っぱい辛さ。四川が「麻辣」なのに対して、湖南は「酸辣」というわけです。

「本格湖南料理 李厨」がある高田馬場(画像:(C)Google)

 店に入り注文をして、正直後悔しました。なぜかというと……ふたりで行ったため、山のようにあるメニューの中からわずかなものしか注文できなかったからです。

 都内に現在増殖している現地色満載な中国料理店の特徴は、量も現地並みであることです。少し残すのがおなかいっぱいを表す文化圏ですから、一皿の盛りがけっこうな量なのです。

 というわけで、厳選した2品を注文しただけで見事に「もう入らない……」となりました。なお湖南料理でぜひ食べていただきたいのが、ドゥオジャオユートウ(刻み唐辛子と魚の頭蒸し)です。

ザリガニ専門店もオープン


【地図】今回紹介した「お店」の場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201211_china_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201211_china_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201211_china_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201211_china_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201211_china_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201211_china_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201211_china_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画