なんと標高は「マイナス2m」 東京で一番低い亀戸水神駅周辺には何がある?

都内で最も低い所にある駅はどこかご存じでしょうか。それは江東区にある亀戸水神駅です。地形散歩ライターの内田宗治さんが解説します。


ややこしい「天神」と「水神」

 亀戸水神駅周辺はどんな所なのでしょうか。「何か聞いたことがある駅名の気がする」と感じる方も多いと思われます。

 亀戸といえば昔から亀戸天神(江東区亀戸3)が有名です。本殿前には合格祈願で奉納された絵馬が数多くかかり、特に12月、1月は受験生でにぎわいます。最寄り駅は亀戸駅になります。

 一方、亀戸水神駅の名称は、天神ならぬ「水神」です。実際に駅名のとおり亀戸水神宮(亀戸4)が駅の西200mほどの所にありますが、民家1~2軒分程度の広さしかなく、住宅街の中にひっそりと鎮座する神社です。

亀戸水神駅の貼り紙。2020年11月撮影(画像:内田宗治)

 間違える人も多いようで、亀戸水神駅ホームには

「亀戸天神の最寄り駅は亀戸駅です。亀戸天神(天満宮)と亀戸水神はちがいます」

と大きく書かれていました。確かに海面よりずっと低いことを誇るより、この注意書きの方が、重要なのかもしれません。

かつては鎮守の森だった亀戸水神宮

 亀戸水神宮は室町時代に新田の開墾の際、水害を免れるよう水神を勧請(かんじょう)して創立された神社とされています。

亀戸水神宮。2020年11月撮影(画像:内田宗治)

 明治時代くらいまではうっそうとした鎮守の森だったようで、付近に水神東宅地(現・亀戸4)、亀戸上水神(現・亀戸5)など水神の名のついた住所名(字名)もありました。現在より目立つ神社だったことは確かなようです。そのため1928(昭和3)年の駅開業時に駅名としたのでしょう。

 亀戸水神駅から曳舟駅に向かう電車は緩い勾配を上り出し、すぐに北十間川を渡ります。車窓を注視していると、この川の水面が付近の土地よりやや高いのに気づきます。川の両側にある道路が堤防の役割を果たしています。

 このすぐ東側で北十間川は旧中川に合流します。素朴な疑問として、標高がマイナスの土地を流れる旧中川などの水はどうやって海へ流れていくのでしょうか。また旧中川を往来する船は、荒川や東京湾へと出ることができるのでしょうか。

標高差を解決する荒川ロックゲート


【画像&地図】駅前は標高マイナス! 川の上にホームがある新宿線・東大島駅を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201204_kameido_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画