新大久保を断じて「コリアンタウン」と呼べない根本理由

韓流ファンで日々にぎわいを見せる新大久保。そんな同エリアですが、アジア専門ライターの室橋裕和さんは「コリアンタウンではない」と言います。いったいなぜでしょうか。


再び多民族集住の街に回帰している

 そしていま新大久保は、再び80年代のような多国籍化の時代を迎えています。

 これまでにさまざまな外国人たちが流入してきたため、店舗も住宅も外国人を受け入れる素地(そじ)ができていたこと、地域の日本人も(トラブルも含めて)外国人に慣れていたこと、それにやはり便利な立地と、日本語学校の多さを背景に、東南アジア、南アジア、中近東の人たちが集まってきています。

ハットグの人気も一時よりは落ち着いた(画像:室橋裕和)

 韓流エリアを少し外れると、ハラルフード(イスラム教の戒律に沿った食べ物)を扱うショップが並び、ネパールやベトナムのレストランが点在し、中国人の留学生や予備校生もたくさん歩いています。

 そしていま新大久保に暮らす韓国人は、留学生やワーキングホリデーの若者が中心のように思います。こうしたさまざまな点を考えるに、新大久保はコリアンタウンと呼ぶには少し違った存在なのです。


【明治初期~平成】新宿区「新大久保」の変化を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201203_shin_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画