首都圏に「子育てファミリー向け施設」が増え始めている社会的事情

近年、首都圏で小さい子ども連れで楽しめるスポットが次々とオープンしています。いったいなぜでしょうか。文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが解説します。


11月21日には埼玉県ふじみ野市にオープン

 また11月21日(土)には、バンダイナムコアミューズメント(港区芝浦)が運営する「くまのがっこうあそびひろば」がイオンタウンふじみ野(埼玉県ふじみ野市)にオープンします。

 人気絵本シリーズ「くまのがっこう」の世界をテーマにした屋内型プレイグラウンドで、2019年オープンしたアピタ横浜綱島(横浜市)に続く2店舗目。

 デジタルコンテンツを使用してインタラクティブな遊びができる「えほんとあそび」、海をモチーフにしたフィールドに、島に見立てた大型のトランポリンと海賊船の木製遊具からなる「オーロラの海エリア」、くまのこたちが暮らす森の寄宿舎をテーマにしたベビーエリア「寄宿舎エリア」、絵本を読んだり、ミニチュアおもちゃでおままごとができたりする「くまのこライブラリー・ミニチュアキングダムエリア」、くまのこブランコ、くまのこくるりん、やわらかつみきで遊べる「芝生エリア」からなります。

「くまのがっこうあそびひろば」の「オーロラの海エリア」(画像:バンダイナムコアミューズメント)

 そのほかにも、2019年11月にリニューアルした「南町田グランベリーパーク」(町田市鶴間)内にセガエンタテインメント(大田区大森本町)が運営する「FUN VILLAGE with NHKキャラクターズ」がオープンしています。

 NHK Eテレの子ども向け人気番組「いないいないばあっ!」「おかあさんといっしょ」「みいつけた!」などのキャラクターによるミニテーマパークで、コンテンツの世界が大型遊具の遊び場に。施設の随所に人気キャラクターがちりばめられて、番組のファンの子どもにはうれしい空間でしょう。

エデュテインメントとは何か


【画像】最新の子連れファミリー向け施設を見る(13枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201119_educate_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画