麻布・広尾・目黒に「高級住宅街」「下町」の真逆イメージが両方根付いた歴史的経緯(後編)

麻布・広尾・目黒という土地のイメージと歴史について考える、ジェイ・エム・アール生活総合研究所社長の松田久一さんの連載(全3回)。3回目のテーマは、近現代のまちづくりについて。


麻布に残る「町民の土地」の名残

 この地域の変遷(へんせん)には、江戸のまちづくりのなかで、裏鬼門という方角が「空気」のように大きな影響を与えたようです。

 武蔵野台地の東端に位置する江戸城から見て、これらの地域が位置する南西方面は、偶然も重なり「原っぱ」として放置されてきました。裏鬼門は寺などがふさわしい場所です。

 江戸の中心部は、西に武家地、城下には町人地という原則で町割りがなされました。しかし、麻布あたりの周辺になると、混在が多くなり、裏鬼門であることから寺が多く、寺地が加わり、武家地と町人地に分散します。

 また、農民層も加わります。お寺も、武家の多くが、天台宗、禅宗、浄土宗などですが、民衆救済を説く親鸞の開いた浄土真宗に関東で最初に転宗したのは麻布十番の善福寺(港区元麻布)です。町人、職人、農民などの庶民が多かったことを示しています。

 江戸で確立した地柄は、歴史変化によって、大きく価値転換します。

 明治維新によって、諸大名は各地に戻り、空き家は明治新政府が接収し、要人への恩賞として支給されました。

 南部藩下屋敷は、新政府軍の大将で西郷隆盛が参謀となった有栖川宮熾仁殿下の御用地(港区南麻布)となりました。さまざまな貧民層や明治維新の賊軍(ぞくぐん)の救済組織もたくさんできました。

「赤い靴」の女の子の像が麻布十番にあるのもその名残です。二・二六事件の将校が眠る寺もあります。

駐留米軍が塗り替えた空気


【地図】麻布・広尾・目黒の位置関係

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201031_edo3_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201031_edo3_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201031_edo3_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201031_edo3_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201031_edo3_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画