大学受験で「超安定志向」が加速中 もはや早慶MARCHはスルーされてしまうのか

コロナ禍で混迷が予想される2021年度の大学受験。その課題について、教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


有名私立大学の志願者減は加速するか

 冒頭のとおり、近年は私立大学の定員厳格化の方針を受けて入学試験が難化。受験生がランクを下げる、超安定志向が進みました。

 早稲田大学(新宿区戸塚町)や慶応義塾大学(港区三田)を筆頭に、上智大学(千代田区紀尾井町)や東京理科大学(新宿区神楽坂)を始めとする有名私立大学の志願者は軒並み減少。MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)、そして日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)もそのほとんどが志願者を減らしました。

明治大学(画像:写真AC)

 唯一増加したのは日本大学(千代田区九段南)ですが、これは2018年の不祥事「日本大学フェニックス反則タックル問題」で大幅に減少した反動、回復という意味合いが強く、継続的な志願者増加ではありません。

 加えてコロナ禍にあって、不確定要素があまりにも多いなか、受験生は

・安全に大学生活を送れる
・家計を圧迫しない

といった点を重視して進路を決めています。

 また受験生に追い打ちをかけるのが、コロナ禍による経済の混乱です。

 これまで打撃を直接受けなかった業種にまで影響が及んでいるため。現在はまだ大丈夫でも、進学後に家計がどうなるかは誰も分かりません。2020年はこういった不安材料が過去の不況に比べて多く、その結果「確実に入れる大学」「就職に有利な学部学科」が最優先に選ばれることとなっています。

 また、これまでにはあまり考えられなかった「孤独にならず大学生活を送れる」も判断材料に加わり、地方の学生は東京の大学をますます敬遠すると予想されます。

 高校生向け新聞を年6回発行する高校生新聞のウェブ版「高校生新聞オンライン」では、2020年5月に全国の高校生から届いたさまざまな声を紹介。家計悪化による進路選択の影響を不安視したり、地元進学希望者の増加による倍率上昇を懸念したりする学生の現状が伝わってきます。

岐路に立たされた大学運営


【2020年8月時点】「四年制大学」進学を希望する高校生、いったい何割いる?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201024_juken_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201024_juken_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201024_juken_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201024_juken_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201024_juken_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201024_juken_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201024_juken_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画