品川区「宮城湯」のサウナと露天風呂で開放感がタマラナイ・トマラナイ【連載】TOKYO銭湯ザンブリコ(4)

ソーシャルディスタンスな散歩を満喫したら、街角の銭湯でザンブリコ――。散歩と銭湯巡りをこよなく愛するコラムニストの島本慶さんが、東京の魅力的なコースへとお連れします。リニューアルした本連載、第4回は、品川区の戸越銀座からスタートです。


サウナはプラス150円で良心的

 ビルの階段をちょいと上がると、何やらタヌキの置物が。げた箱に靴を入れてフロントにキーを預けて470円を。

 えっ? サウナはプラス150円。ほぉ~良心的ですな。

 でもってロッカーのキーを受け取り脱衣場へ、この日は男湯が3階で女湯が1階ね。へーえ、露天は男湯の方なのね。ルァッキィー! なんて思いながら脱衣場へ。

 こちらもそこそこ混んでますよ。

 私、サクサクと体を洗い、例によって頭をぬらして体を洗います。足の指まで念入りに洗ってから頭をゴシゴシ。

 すっかり洗い終えてから、さてと、ふーん寝風呂に4本ジェットふたつとおぉっと露天風呂!

 このぬるい露天にチャップリコしてっと、また飛行機が飛んでますよ。アラアラ近くには新幹線も走ってます。いやぁいい風がが吹いて開放感がタマラナイ。

「宮城湯」までの散歩道(画像:島本慶さん制作)

 あ~いい気持ち。露店風呂の周りは風に吹かれたい若いサウナ客がたむろってますよ。このぬるさじゃいつまでも入っていられますな。

 さぁてと、思いっ切り絞りまくったタオルでよおく頭と体をフキフキ。いい気分で脱衣場へ。乾いたタオルで念入りに拭いてから、体重計へ。

 アリャリャ、53kgピッタリ。まぁいつもこんなもんかと思い、身支度を調えてからフロントへ。ふと見ると、何やらここのオリジナルタオルが売られてます。

 まぁせっかくだから買っちゃおっと。何かタオル地が良さ気だし。

来た道を逆散歩

 というわけで外に出ると、ふわぁ~と心地良い風に吹かれます。よし、せっかくだからまた商店街に戻って駅に向かおう。てんで来た道を逆散歩。

 いいなぁ地元の人がかわいい小犬を連れて歩いてますよ。若い夫婦がベビーカー引いてます。

 私みたいなヨタヨタ歩きとは違ってみんな表情が明るくて。とてもこのご時世とは思われません。

「宮城湯」までの散歩道(画像:島本慶さん制作)

 うーん、何か私好み「つきのや」(戸越3)っつう居酒屋さんがありますよ。どうしょうかなぁ? 一杯だけ飲るかい?


【地図イラスト】今回の「散歩コース」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201022_miyagi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201022_miyagi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201022_miyagi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201022_miyagi_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画