なんと10代女性の半数が使用 増え続ける「韓国コスメ」ユーザー、データで見る巧みな拡大戦略とは

「韓国コスメ」を日常的に使っている日本の女性は、10代で48.3%、20代で33.5%。今やすっかり定番となった韓国コスメは、なぜこれほどのユーザー拡大を成功させたのでしょうか。若者を対象とした調査を行うTesTeeトレンド分析担当の橿村芽久未さんが、アンケート調査の結果からその理由を読み解きます。


続々「日本上陸」を果たすコスメ

 上記アンケート調査を行っているTesTeeLabでは、韓国コスメに関する経年変化をたどるために定点調査を続けています。

 およそ2年前、2018年12月の調査では、「以前は韓国コスメを使っていた(現在は使っていない)」と答えた人を対象に「使用をやめた理由」を尋ねています。

 最も多かった回答は「購入場所が少ない」で35.9%。韓国コスメを購入する場所も、コリアンタウン(10代1位、20代2位)や、韓国現地(20代3位、30代1位)などと限られているのが当時の実情でした。

 しかしこの2年のうちに、「日本初上陸」をうたった韓国コスメブランドは劇的に増加しています。

2020年10月8日、日本1号店を渋谷にオープンした韓国の人気セレクトショップ「ALAND」(画像:アダストリア)

 冒頭に紹介したセレクトショップ「ALAND」だけでなく、「CILY」「SECRET MUSE」「BEYOND ANGEL AQUA」など、枚挙にいとまがありません。

 実店舗のほか、ロフトなどのバラエティーショップにも並ぶようになり、日本語版通販サイトも次々にオープンしていっています。

今後さらなるユーザー拡大も視野

 わずか2年ほど前まで「購入場所が少ない」という理由で使用をやめる女性が少なからずいた韓国コスメ。“弱点”だったともいえる入手ルートが近年一気に増えたことにより、ますます根強いファンを獲得していくことが予想されます。

 韓国コスメの価格の安さとパケ買いを生むデザインは、すでに多くの若年層女性に浸透しています。日本におけるコスメトレンドは、韓国コスメブランドが牽引(けんいん)する――という日が、もしかしたらやってくるのかもしれません。


【画像】「韓国コスメ」、パッケージにも巧みな戦略(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_cosme_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画