品川発の1時間プチ旅行 路線バス「品97」系統で楽しむ山手線内側の知られざる風景とは

東京都心の移動は鉄道を使う人が大半ですが、時間に余裕があるときはバス移動もおすすめです。今回取り上げるのは都営バス「品97」系統。いったいどのような道のりなのでしょうか。まち探訪家の鳴海侑さんが解説します。


由緒ある坂、各国の大使館を越えて進む

 泉岳寺から登った丘を下る坂は「魚籃(ぎょらん)坂」と名が付いています。「魚籃」とは魚を入れるかごのこと。先ほど紹介したように、このあたりが海の近くであったことを教えてくれる地名です。

 魚籃坂を過ぎ、古川橋交差点でバスは左に曲がって明治通りに入り、進路を西にとります。左手には古川が流れ、川の上に首都高速2号目黒線が通っています。右手は南麻布で、近くにはフランス大使館(港区南麻布4)やイラン大使館(南麻布3)のある麻布らしいエリアです。

 首都高速2号目黒線が離れていくと、天現寺橋交差点にさしかかります。古川はこの交差点から西側(上流)が渋谷川で、昔はこの天現寺橋交差点のあたりまでが「渋谷」の範囲でした。

天現寺橋交差点付近の様子(画像:(C)Google)

 そして天現寺橋交差点をバスは右折し、今度は外苑(がいえん)西通りを北へ向かいます。左側に大きな都営アパートを見ると間もなく広尾駅。駅周辺は高級な雰囲気が漂っています。ここまで品川駅高輪口から約20分です。

 私(鳴海侑。まち探訪家)はこの品川駅高輪口から広尾駅前までの鉄道に乗っていると想像もつかない場所の間を結ぶところや、めまぐるしく雰囲気が変わっていく車窓がとてもお気に入りです。ぜひ皆さんも乗って感じて見てください。

変わった名前のバス停も


【図表】都営バス「品97」系統の運行ルートを見る(9枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201008_shina_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画