海外旅行のバイブル『地球の歩き方』に「東京」版が登場、なぜ? 編集長に理由を聞いた

海外旅行好きにはバイブルともいえるシリーズ『地球の歩き方』。このシリーズに今回、初めての国内版となる「東京」が登場しました。一体なぜなのでしょう? フリーランスライターの小川裕夫さんが、編集長と担当者をインタビュー。出版の背景にあったのは、東京オリンピック、そして新型コロナです。


ところが新型コロナが……

 海外の旅行情報なら、ほかのガイドブックを寄せつけないほど豊富な情報を持つ『地球の歩き方』ですが、国内では競合誌も多く発行されています。

 近年はインターネットに押されて、ガイドブック系の情報誌は部数減・休刊が相次いでいます。市場が狭まる中でも、初となる国内版の「東京」を出版すると決断した理由は何だったのでしょうか?

「2020年の東京五輪は、ここ数年で最も東京が注目される年になるはずでした。仮に、この盛り上がりの中で部数が奮わなかったら、むしろ諦めがつきます。そう腹をくくって、決断しました」(宮田)

 しかし、全世界で新型コロナウイルスが蔓延(まんえん)したことを理由に、東京五輪は開催を延期。それでも、編集部の面々はめげることなく出版に向かって走り続けます。

「制作に携わった編集者やライター・カメラマンの面々は普段から頻繁に海外へ出かけていますが、国内も足しげく回っています。もちろん、東京も隅々まで足を運んでいます。

 東京五輪がきっかけになって初めての国内版を制作することになりましたが、編集部の面々が本気で東京を制作することにしたら、ページ数は倍以上になっていたでしょう。編集部一同は、それほどガイドブックの編集・情報収集に情熱を燃やしています。

 五輪は延期になりましたが、あくまでもきっかけに過ぎません。充実した内容になっていると確信をしていますので、手にとってもらえれば必ず満足してもらえると思います」(斉藤さん)

五輪が延期でも楽しめる内容


【画像】『地球の歩き方』編集長の宮田さんと担当の斉藤さん

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200929_aruki_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200929_aruki_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200929_aruki_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200929_aruki_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200929_aruki_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200929_aruki_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画