遠出できないなら近くの高級ホテルに……コロナ禍で変わりゆく東京の「近場型」レジャー

思うように外出、旅行がかなわなかったコロナ禍の2020年夏。東京では、遠出をする代わりに近場でいつもよりぜいたくな休暇を、といったスタイルを選ぶ人もいたようです。ウィズコロナ時代のレジャーの行く末を、文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんが展望します。


近隣地を楽しむことのメリット

 わが国ではコロナ以前は大都市圏やインバウンドが観光プロモーションの中心となっていました。

 確かにインバウンドは、レジャー・観光施設の利用者の1割にも満たない場合が多いのですが、人口減少社会でシュリンク(収縮)が予想される国内マーケットに対して伸びしろのあるマーケットであり、国内産業の数少ない成長エンジンとなっています。

 また、消費単価が大きいということもあり、インバウンドの富裕層をターゲットにする観光施設は少なくありません。

 国内の観光マーケットはアクティブシニアがけん引していますが、地方においては高齢化が進展しており、レジャー・観光への参加回数は減少していくと予想されます。

 さらに若い世代になるほど余暇に割けるストックが少ないとか、自家用車を持っていないとか、そもそも既存のレジャー・観光スタイルに当てはまらないとか、レジャー・観光産業にとって不透明な要素が多くなってきます。

観光産業をけん引していたインバウンドがコロナ禍で事実上ゼロになった2020年(画像:写真AC)

 事業効率を考えればコロナ収束後には大都市圏やインバウンドマーケットに戻ることは当然と言えば当然かもしれません。

 しかし、コロナ禍で模索された地元マーケット回帰の取り組みは何かしらの形で持続してもらえればと思います。

 今回のコロナ禍で窮地に陥ったレジャー・観光施設に対し、多くの一般の人が少しずつでも救いの手を差し伸べました。

 その中には、近くで事情をよく知っている地元の人が多く含まれています。地元の人とつながっているということは、さまざまな局面で重要な意味を持ちます。

飛行機代の代わりに高級ホテル


【画像】豪華、ぜいたく、個性的な東京都内の注目ホテル(13枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200915_stay_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画