若者の間で大ブーム! ユーチューバーと80年代「ミニFM局」の共通点とは

1980年代に一世を風靡したミニFM局。当時の盛り上がりについて、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


ミニFMが注目を浴びたある事件

 当時の電波法は、周辺100m程度の微弱な電波であれば取り締まりの対象にはなりませんでした。しかし資料を読んでいくと、ブームのきっかけは取り締まりの対象となってからということがわかります。

 1979(昭和54)年、八王子市で「FM西東京」という名で電波法に違反する高出力で放送を行っていた大学生たちが摘発されます。

 この放送局、最初は合法的な範囲で自分たちの持っているレコードなどを放送していたところ(こちらも著作権の問題があるのですが、今と比べておおらかな時代でした)、リクエストはがきなども来るようになったことから、熱が入りすぎてしまったという、いわゆる「珍事件」でした。

 しかしこの事件の報道や、若者雑誌が紙面に取り上げたことで、皮肉にもミニFMが新たなスタイルのメディアとして注目を浴びます。

ミニFMのイメージ(画像:写真AC)

 それまで電波を発信してトーク番組や音楽を流すのはラジオ・テレビ局の特権で、個人ができるものではありませんでした。

 個人が自分の意見を発信したければ、同人誌を制作するか、ビラをまくなどしかなかったのです。

 それがわずか100mとはいえ、電波に乗せて自分の意見を届けることができる、それも機材さえあればラジオ局と同じようなことができるとなれば、若者が飛びつくのは当然です。

「やりたいことをやる」は昔も熱かった


【ランキング】動画共有サイトでよく見る動画……ユーチューバーはいったい何位?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200909_minifm_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200909_minifm_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200909_minifm_01-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200909_minifm_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200909_minifm_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200909_minifm_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画