次回は特別編「わたナギ」 なぜ田所はメイを第2話で「西麻布」のバーに誘ったのか

大好評のうちに最終回を迎えたTBSテレビ系ドラマ「私の家政夫ナギサさん」。横浜が主な舞台の同作ですが、法政大学大学院教授の増淵敏之さんは、ほんの少しだけ登場した港区西麻布のバーに注目しました。その店がドラマに与えた影響とは?


しゃれたバーなら西麻布だった時代

 1980~1990年代の西麻布といえば、隠れ家的なバーの集まるエリアでした。

 最近はコロナのせいもあって、なかなか西麻布に赴く機会がないのですが、「私の家政夫ナギサさん」に出てきたバー「ウォッカトニック」を見て、懐かしい気持ちになりました。そして、ふとバーの街になった西麻布に思いをはせました。

 筆者がよく行った1990年代の西麻布といえば交通の便が決して良くなく、大抵、最寄りの場所からタクシーで行ったという記憶があります。知っている人にあまり会いたくないとき、当時の西麻布は最適でした。

作中でメイと田所が訪れた西麻布「ウォッカトニック」のシーンのスクリーンショット(画像:TBSテレビ)

 現在でもこのかいわいのバーを、多くの芸能人や文化人が利用していると聞きます。さすがに1980~1990年代とは周囲の景観も様変わりしていますが、それでも隠れ家的なバーは数多くあります。

 さて西麻布は地名の通り、麻布地区の西を指します。

 エリア内にある西麻布交差点は六本木通りと外苑(がいえん)西通りが交差し、この交差点に設置されている六本木通りの陸橋は、霞町(かすみちょう)陸橋と命名されています。

 そう、1967(昭和42)年の町名改正まで、現在の西麻布1~3丁目、六本木6、7丁目の一部は「霞町」と呼ばれていました。西麻布という地名は町名改正以降のものになります。

飲食・歓楽街へと変貌を遂げた歴史


【画像】9月8日放送!「特別編」の解禁カットを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200905_nagisa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_nagisa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_nagisa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_nagisa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200905_nagisa_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画